【配合診断リクエスト】ヴイプラドの15&ウインディーヒルの15(ノルマンディーOC15年産)  

ノルマンディーOCで、一口馬主をされているアキュチャーさんより、以下の募集馬の血統配合を
見て欲しいとの以下のリクエストを頂きましたので、

>P.S.ノルマンディーの募集馬でマツリダゴッホ産駒のヴイプラドの15と、
>アイルハヴアナザー産駒のウインディーヒルを様子見しているのですが、
>長谷川さんから見てどう思われますか?
>この二頭の産駒は今後ノルマンディーで増え続けると思うので…


自分的(独学I理論的)な見地から、配合を見させて頂きたいと思います。

先ず、マツリダゴッホ産駒のヴイプラドの15からです。

【6代血統表】
VPrado2015-6.jpg

父マツリダゴッホは、4歳時の有馬記念で、ダイワスカーレットを破ってGⅠを勝った馬で、勝利が
中山コースに集中しているのが特徴。
MatsuridaGogh6.jpg
母ペイパーレインは、菊花賞馬ナリタトップロード(父サッカーボーイ)の半姉で、アメリカからの
持ち込み馬でした。この母はNorthern Dancerの血がないので、サンデー産駒の定番であるAlmahmoud
がクロスにならず、父サンデーサイレンス同様、英ダービー馬Mahmoud5*6×8*7の系列ぐるみが
主導。そのため、スピード系のAlmahmoud主導よりも、スタミナ優位で、中~長距離に適性があります。

父の父Halo強調の異系交配で、種牡馬としても、母が、Northern Dancerを持っていても、Northern Dancer
クロスが発生せず、SS産駒同様、父の父Halo内、Hail to ReasonやAlmahmoudが強調される傾向を持って
います。

【参考:ナリタトップロード6代血統表】
NaritaTopRoad6.jpg

ノルマンディーで活躍しているルグランパントルや、アリンナも、Halo内、Hail to ReasonやAlmahmoud
が強調されていますね。

legranpantre6-sen.jpg
母の父母が名牝バレークイーン、母の母もトニービン×ノーザンテーストとHyperion色が強いので、
AlmahmoudとBold Rulerのスピードを主導に、マイルで切れ味のある差し馬になっていまます。

Arinna6.jpg
アリンナは、父母相似配合であり、マツリダゴッホの母の特殊なアメリカ系のライインブリードを
生かした配合。そのため、5代以内で異なるクロスが強い影響を示すため、ルグランパントルほど
のシンプルさがない代わりに、Raise a Native、Bold Rulerのスピード、Graustark=His Majestyの
スタミナを活かして、逃げて粘り込むタイプになっています。

その様な特徴を持つマツリダゴッホ産駒のヴイプラドの15の配合を見てみましょう。
VPrado2015-6.jpg
Hail to ReasonとAlmahmoudクロスで、Haloを強調したところは、ルグランパントルやアリンナと
同様ですが、本馬の場合は、母の母グレイスフルマナー内Never Bend5×4の系列ぐるみのクロス
が強い影響を示しています。Never Bendはアメリカのダートで走ったスピード馬ですが、種牡馬と
して、名馬Mill ReefやRivermanをだし、産駒は、芝の中~長距離でも通用しています。Bull Leaの
スタミナも活かしていることから、芝かダートの中距離でスピードを発揮できそうば配合馬。

ナリタトップロードも、Never Bendの父スピード系のNasrullah(ナスルーラ)主導で、菊花賞を勝って
いますが、スピード、スタミナ兼備。アメリカ系の血が強いので、ダートもこなせると思います。

次にアイルハヴアナザー産駒のウインディーヒルの15です。

【6代血統表】
Windyhill2015-6.jpg

アイルハヴアナザーは、マイネル総裁岡田繁幸さんが、期待して輸入したアメリカ2冠馬。
ベルモントSは、故障で出られなかったため、3冠馬の可能性もあった。逆に2冠馬だったから、
日本に輸入できたと言えるかもしれませんね。
Illhaveanother6.jpg
スピード系Danzig4×4の系列ぐるみを主導に、Raise a Native5*5×6のスピードを加えた馬で、
父の父Distorted Humorと母の父Archを強調。スタミナはArchの父Kris S.内RobertoとPrincequilloから
補給している。

父に2連あるMr.Prospectorと、母父のRobertoは、母父が米2冠馬Nashuaで相性が良く、この馬の
特徴を受け継ぐなら、母にDanzigかMr.Prospector、Robertoの血を持ってきて主導を明確にし、
Mr.ProspectorやRobertoをクロスさせれば、父のスピードとスタミナを補給できると思われます。
また、アイルハヴアナザーは、血の世代が新しく、母が高齢だと、その血が強調され易いという特徴
があります。クロスする馬は、複数あるので、どの血をクロスさせるか、母の血によって、産駒はいろ
いろなタイプが出てくる種牡馬だと思われます。

中京2歳S3着のアンノートルは、Roberto5×4を主導に、スタミナを強化したタイプ。
UnAutre6.jpg

アルテミスS3着のシグルーンは、英3冠馬Nijinsky6×4*4を主導に、父のキーホースも
生かしている。
Sigrun6.jpg

アキュチャーさんの愛馬で、東京大賞典馬サウンドトゥルーの半弟アナザートゥルースも見てみましょう。
AnotherTruth6.jpg
Lyphard(リファール)6×4の主導が明確であり、母の母キョウエイヨシノの父プラウドデボネアを強調。
プラウドデボネアの血は、質が高いので、この血を強調したのはいいですね。
Norhern Dancer4×5で、父を強調した兄サウンドトゥルーとはまた違う配合ですが、兄と同じ高木厩舎
ならば、ダート路線で面白いかもしれません。キタサンブラック等と同様、Lyphard強調なので、芝にも対
応可能と思います。

SoundTrue6.jpg


ウインディーヒルの15の配合を見てみると、
Windyhill2015-6.jpg
Mr.Prospector5*5×5の系列を主導に、父の父Flower Alleyのスピードを活かした配合ですね。
母の母は、ティンバーカントリー×トニービンと、Hyperion系の血が多く、ミスプロより、Northern Dancer
系を主導にした方が傾向が合いますが、母から欧州系のスタミナも取り込んでいることから、基本は
ダートですが、母父マンハッタンカフェの傾向からも芝のマイル~中距離でもやれそうな配合です。

母にティンバーカントリーとトニービンを持つ馬として、ダート重賞路線で活躍したコパノリッキーがいます。
母ウインディーヒルは、SS系×ティンバーカントリーとトニービンで、コパノリッキーと似た配合です。
copanoricky6.jpg

【結論】
どちらも、配合的には、良くできている配合だと思います。芝を目指すなら、ヴイプラドの15、ダート馬を
目指すなら、ウインディーヒルの15がいいと思いますが、ノルマンディーファームでの育成状況や、厩舎
の傾向なども見た上で、出資された方がいいのではないでしょうか。

ただ、既に実績の出ているマツリダゴッホに対し、アイルハヴアナザーは種牡馬実績がまだ出ていない
ので、安定感を取るなら、自分的には、血統のみの評価では、ヴイプラド15の方が、好みになります。
母父が、Sadler's Wells×Sir Ivorで、ディープインパクトの母父Alzaoに似ているのも、いいと思います。

以上ですが、出資の判断は、アキュチャーさんご自身でお願いします。
ノーザンファーム育成のシルクと、ノルマンディーファーム育成のノルマンディーで育成方法も違うと思い
ますので、あくまで、参考までとして下さい。<(_ _)>


(自分が参考にしている本は、以下の本です。)

Posted on 2017/01/30 Mon. 14:35 [edit]

category: 独学I理論で選ぶ一口馬

tb: --   cm: 3

コメント

お騒がせして申し訳ありませんでした。

こんばんは
一口ばぬ史閉鎖をお気遣いいただきありがとうございました。
理由はブログに書きましたが、簡単に言えば2つのブログを行き来するのが面倒なので
1つにしました。

馬券については、これからだと思っています。
逆に今週のレースを当ててるようだと、私の予想ポリシーに反するかなと思って
珍しくポジティブにハズレてOKだと思っています。

長谷川様の血統解説は本当に参考になりますよ。
私は基本的にMr.Prospector5*5×5・・・こういうのは正直分からないし
あまり気にしてません。
ですが、長谷川様の解説は
「ナリタトップロードも、Never Bendの父スピード系のNasrullah(ナスルーラ)主導で、菊花賞を勝っていますが、スピード、スタミナ兼備。アメリカ系の血が強いので、ダートもこなせると思います。」
このような例がとても分かりやすく血統の知識皆無の私でも少しは分かった気になれます。

今年は出資済みの2頭で打ち止めの予定ですが、これから頭数が減ればまた出資検討するかもしれないので、宜しくお願い致します。

URL | .ポニーQ #-
2017/01/30 22:06 | edit

長谷川さん
様子見のヴイプラドの15、ウインディヒルの15の詳細な血統配合を作って、また、解説していただきありがとうございます!

いろいろな例えも出していただきありがたい限りです。二頭とも良さそうで、まだまだ悩みは続きそうですがどちらかはポチろうかなと思っています。良さが明確になった分だけ余計に悩みそうです(笑)

しかしいつも思いますが、この表やその近辺を調べるの相当大変だったのではないですか?なにか私で出来るとこがあれば言ってくださいね!

URL | アキュチャー #-
2017/01/31 07:59 | edit

他クラブの血統配合は勉強になりますね。

★ポニーQさん、こん**は。

>一口ばぬ史閉鎖をお気遣いいただきありがとうございました。
>理由はブログに書きましたが、簡単に言えば2つのブログを行き来するのが面倒なので
>1つにしました。

ポニーQさんの必殺技「自ブログ潰し」は、3度目なので、慣れているつもり
ですが、自分も愛着のあるブログだったので、突然の閉鎖はショックでしたね・・・。
でも、理由がFC2ブログの仕様の問題と解り、けんさん、エスエスさん共々、
ホッと胸をなで下ろしました。

>馬券については、これからだと思っています。
>逆に今週のレースを当ててるようだと、私の予想ポリシーに反するかなと思って
>珍しくポジティブにハズレてOKだと思っています。

昨年、お互いに愛馬&馬券で勝利&万馬券を取った2月ですので、今週、来週
に再度期待したいですね。

川田騎手が、落馬骨折で休養中なので、先週のサウススターマンの様に、川田騎手
が乗っていた強い馬の騎乗依頼が和田騎手に行くこともあるような気がしましたの
で、川田騎手復帰までは、川田騎手から乗り替わりの強い馬には、注意が必要な気
がしました。

和田騎手と川田騎手は、エージェントが違うので、必ずしも、勝てる馬を和田騎手
に回しているというわけではない様ですが、エージェント(騎乗仲介者)がどの騎手
を担当しているかも騎手重視のポニーQさんならチェックされると、馬券的中に役立
つかもしれませんよ。(^^

↓【参考】最新のエージェント×騎手対応表
http://blog.racing-book.net/archives/2016/10/post_3802.html

>長谷川様の血統解説は本当に参考になりますよ。
>私は基本的にMr.Prospector5*5×5・・・こういうのは正直分からないし
>あまり気にしてません。
>ですが、長谷川様の解説は
>「ナリタトップロードも、Never Bendの父スピード系のNasrullah(ナスルーラ)
>主導で、菊花賞を勝っていますが、スピード、スタミナ兼備。アメリカ系の血が
>強いので、ダートもこなせると思います。」
>このような例がとても分かりやすく血統の知識皆無の私でも少しは分かった気に
>なれます。

分かりやすいと言って頂き、ありがとうございます。
「Mr.Prospector5*5×5・・・」の意味は、独学I理論の企業秘密的な部分(?)
なので、コメントの部分で理解して頂くでOKだと思います。(^^;;

>今年は出資済みの2頭で打ち止めの予定ですが、これから頭数が減ればまた出資
>検討するかもしれないので、宜しくお願い致します。

ポニーQさんは、昨年、大量出資されて、維持費が大変だと思いますので、ローズ
ジュレップ等の既存愛馬が活躍してくれたら追加出資でOKではないでしょうか?
自分も、しばらく出資はしないので、その分、他の方の出資のお手伝いが出来れば
と思います。

★アキュチャーさん、こん**は。

>様子見のヴイプラドの15、ウインディヒルの15の詳細な血統配合を作って、
>また、解説していただきありがとうございます!

ご回答が遅くなり、申し訳ありませんでした。
シルクHCは、ノーザンF系の種牡馬が多いので、マイネル・岡田系種牡馬
のノルマンデイーの馬の血統を調べるのは、自分的に勉強にもなるので、
こちらこそ、質問してくださり、ありがとうございました。
解説で、出資の方向性が解かってくだされば、よかったです。

>いろいろな例えも出していただきありがたい限りです。二頭とも良さそうで、
>まだまだ悩みは続きそうですがどちらかはポチろうかなと思っています。
>良さが明確になった分だけ余計に悩みそうです(笑)

血統配合のみの診断になりますので、余裕があれば、馬体や、育成動画なども
見た上で出資されるといいですよ。自分も血統だけで早めに出資して失敗した
事もありますので。

>しかしいつも思いますが、この表やその近辺を調べるの相当大変だったので
>はないですか?なにか私で出来るとこがあれば言ってくださいね!

いえいえ、もう種牡馬や繁殖牝馬の血統データは、DB化されているので、よほど
マイナーな血統以外は、血統表を作るのは、以下のソフトで自動で出来るので、
それ程、時間はかかっていないでんすよ。(数分で作成可能)

PCソフト「日本サラブレッド血統データーベース2005」
http://www.unbalance.co.jp/uma/jbp_iriron2005/
注:最新のWindows10では起動しない。絶版。

血統配合分析は、自分の勉強も兼ねてやっていますので、特にお礼などは大丈夫
ですよ。アキュチャーさんが出資した馬が、活躍されれば、それで本望です。
I理論に興味を持って頂けたら、紹介した本(安い方)や以下の本家のHPも参照
されると面白いと思います。

アイケー血統研究所(http://www.i-k.co.jp/)IK理論の解説、レース予想販売
ペガサスビューロー(http://pegasus-bureau.com/)新馬戦予想、一口クラブ募集馬リスト販売

P.S.サウンドトゥルーの弟、アナザートゥルースをお持ちなんですね。
    今回解説したアイルハヴアナザー産駒だったので、本文に追加で解説
    させて頂きました。これからデビューだと思いますが、中々いい配合
    なので、デビューが楽しみですね。

URL | 長谷川枕山堂 #d3uUj6JE
2017/01/31 17:54 | edit

コメントの投稿

Secret

当ブログ訪問者カウンター

プロフィール

長谷川枕山堂(古書店)HP

本と文化の街スーパー源氏

カレンダー

最近の記事+コメント

一口馬主出資馬一覧

愛馬のレース予定&結果2017

愛馬のレース予定&結果2016

カテゴリ

リンク

愛馬のレース結果2015

愛馬のレース結果2014

愛馬のレース結果2013

愛馬のレース結果2012

本日の金価格(円/g)

株価&為替ボード

月別アーカイブ

天気予報

電力使用状況&電気予報

検索フォーム