「田中正造に今、学ぶこと」~栃木の自由民権運動、足尾鉱毒事件から3・11まで  

今週末、8月28日(日)に栃木市にある、国学院大学栃木学園教育センター3階ホールで、

「栃木の自由民権運動、足尾鉱毒事件から3・11まで
 田中正造に今、学ぶこと」


というシンポジウム(第39回渡良瀬川鉱害シンポジウムい)が開催されます。

長谷川枕山堂も、主催されている坂原さん、赤上さんから、資料提供という形で古本をご購入い
ただき、親父も田中正造を尊敬しており、祖父も田中正造の慰霊碑の字を書いている関係から、
宣伝させていただきます。

以下、そのご案内です。
tanakashouzou001.jpg

自分もこの際、田中正造とはどんな人だったのか学んでみたくなり、本を読んでみました。



今、原発事故による放射能汚染の問題で、福島県東岸が一部立ち入り禁止になっていますが、
今から120年くらい前の1887年(明治20年)、栃木県を流れる渡良瀬川で、足尾銅山
から流される銅イオン等の鉱毒によって、魚は死に、農産物ははかれ、約30万人の農・漁村
民が苦しめられるという足尾鉱毒事件が起こりました。

この時、悲惨な様子を見て立ち上がったのが、栃木出身の国会議員、田中正造であった。
正造は、熱弁をふるって政府にその対策を迫ったが、政府は聞き入れてくれない。
思い余った正造は、1901年(明治34年)ついに明治天皇の馬車に向かって直訴を決行した。

現在の栃木市藤岡町には、渡良瀬遊水地という湖があるが、この遊水地の在った場所には、
谷中村という村があった。

群馬県から、栃木県南部を流れる渡良瀬川流域は、大雨による水害になやまされており、その際、
足尾銅山から流れる毒による土壌汚染で、農作物や魚が取れなくなるという事態に何度も陥った。

日清、日露戦争に勝つために、銅が必要だった日本政府にとっては、足尾銅山が必要であったが、
その銅山からは、多くの鉱毒が渡良瀬川に漏れ出しており、台風等の水害の度に流域の村の農業
に多くの影響を及ぼしていた。

そんな、鉱毒に苦しむ地域住民のために立ち上がったのが、田中正造衆議院議員である。国会で
この鉱毒問題を取り上げ、勇敢にも、足尾銅山の閉山を求めたが、政府に聞き入れられず、政府
に失望した正造は、国会議員を辞め、明治天皇に路上で直訴した。

その頃、日本政府は、洪水対策として、谷中村の住民を村から退去させ、そこに大きな貯水池を
作ろうとする。田中正造は、これにも反対し、住民を守ろうとするが、この谷中村遊水地化計画
は政府によって強行されてしまいます。旧谷中村の住民の中には、那須や北海道に移住させられ
た人もいたそうです。

谷中村は、鉱毒によって滅びてしまった村なのです。まさに原発からの放射能によって、立ち退
きを余儀なくされている今の福島県東部の問題と重なる部分があります。

正造は、志半ばで、息を引き取りますが、死んだときに持っていたのは、日記三冊と、厚い原稿
と帝国憲法と新約聖書だけだったそうです。正造はクリスチャンにはなりませんでしたが、最後
まで、新約聖書を読んでいた様です。

政府にも天皇にも直訴したのに、聞き届けてもらえなかった田中正造が、創造主たる神やイエス・
キリストに救いを見出していたのかもしれません。

今回のシンポジウムでは、その田中正造の生き方に学び、現在の放射能汚染等の問題を抱える、
日本がどのようにして立ち向かっていったらいいのかを考えるシンポジウムだと思います。

今こそ、政府の間違いを勇気をもって正す、田中正造の様な政治家が必要なのではないでしょうか。
8月末には、日本の総理大臣が変わりますが、原発の問題に真正面から向かい福島県民の立場に
立った復興を行える総理大臣になって欲しいと思います。

場所は、栃木市駅からすぐ近くですので、福島県の方にもぜひ、来て頂ければと思います。

長谷川枕山堂も、家族で参加させていただこうと思っています。

Posted on 2011/08/25 Thu. 17:32 [edit]

category: セミナー

tb: --   cm: 0

横浜に古本屋開業講座に行く  

古本屋を開業するにあたり、何か参考になる本はないかなあと
探していた時、宇都宮パルコの紀伊国屋書店で1冊の本を見つけ
ました。(この本が無かったら、ネット古本屋をやろうとは、
思わなかったかもしれません。本との出会いは大切です。)



この本を読むだけで、現在の古本業界の動向、古本屋を開くのに
必要な免許(古物商免許)の取り方、買い取り、仕入れの方法、
本の送付の方法、ホームページの作成、インターネット販売の仕組み
等、古本屋開業についてのノウハウが解る内容となっています。

著者の河野さんは、本と文化の街スーパー源氏という古本屋のポータルサイト
を運営されている方で、1995年から15年間(アマゾンより先)も
ネット古本屋をされている、まさにネット古本屋業界の草分け的な方です。

自分は、ネットで本を買うときはだいたいAmazonだったので、こ
の本で、スーパー源氏というサイトがあることを知りました。
また、スーパー源氏では、新規開業の古本屋向けに古本屋開業講座など
を開催していたので、一度行ってみようという事になり、9/18に、
横浜にある紫式部の本社に母と一緒に古本屋開業講座に参加してきました。

講師は、もちろん紫式部の河野さんと、ニ十世紀文庫というネット古本
屋を9年も続けられている門脇さん、MxEコンサルティングの松嶋さん
の3人の方。(河野さんは、とても気さくな方でした。)

まずは、河野さんから、新刊業界と古本業界の間にはベルリンの壁がある
との話から始まり、新刊業界は、再販制度・返品委託制度に守られた業界
古本業界は、基本的に自由競争の世界であるという違いを説明してくれま
した。
古本屋は、儲からない。儲けるだけなら、他の職業を探した方がいいとの
こと。アダルト系の書籍は、スーパー源氏では売らない。そういう本を売
りたい人はスーパー源氏に参加しない方がいいとのこと。ここは共感でき
ました。

新刊業界の現状(店舗数は減っているが、大型店化している)、書籍の販
売自体は、1996年から19%も減っている(減ったのは雑誌中心)こと、
古本屋には、以下の3種類があること。

・専門店…神田の古本屋組合のようなもの
・リサイクル系古本屋…BOOKOFF等
・街の古本屋…独立系店舗←自分は、ここを目指しています。

現在のネット古本屋は、Amazon、日本の古本屋、スーパー源氏の3大
ポータルサイトがあるが、Amazonは、ちょっと異常(価格が1円の本
や、数十万する中古本が売っている。価格競争の激化)だそうです。でも、
Amazonでの販売無しでは、やっていけないとのこと。また自分の店の
ホームページを持たないと厳しいそうです。

ニ十世紀文庫さんもスーパー源氏とAmazonの2本立てで売っていると
のこと。

参加店様の声によると、スーパー源氏はアクセス数ではAmazon足元に
も及ばないが、二千円、三千円といった比較的高価な本が売れてゆく。
Amazonは、注文数こそ多いが、過当競争から低価格にならざるを得ず、
売上はなかなか伸びてくれない。両者は、それぞれに欠けるものを補い合う
関係にあるとのこと。

つまり、スーパー源氏とAmazonマーケットプレイスの二本立てで売る
と相乗効果が期待できるということですね。

ただ、Amazonには、独自のルールがあるらしく、全集やコミックの全
巻を単品で売らないといけない。まとめて買っても1品毎に250円の送料
が発生するなど、ルールに合わない登録の仕方をすると、その書店のDBは
削除されてしまうなどちょっと怖いところもあるそうです。

新刊本屋さんとのコラボということでも、スーパー源氏は、三省堂書店さん
と提携されており、神保町本店の隣にある三省堂古書館では、スーパー源氏
参加書店の本も売れるとのこと。

続いて、二十世紀文庫の門脇さんのお話。門脇さんは、毎日欠かさずHP上
の日記を更新されているそうで、ブログやツイッターではなく独自の日記作
成ソフト(Akiaryというフリーソフト)を使っているそうで、迷惑なコメント
もなく、自分の言いたいことを毎日発信されています。これが店舗を継続し
てこれた理由だそうです。(メンテナンスは、スーパー源氏にお任せ)

自分は、コメントの管理ができるので、FC2ブログを利用していますが、
古本屋を続けるために、情報発信はしていきたいと思います。

最後に開業の基礎ということで、コンサルティング会社の松嶋さんのお話。
開業後、5年やっていれば、30%の生存率だそうです。5年間頑張った
お店はつぶれないということですね。

また事業が失敗したときの撤退計画を考えておかないとダメだそうです。
ビジネスプラン(創業計画書)は大前提だが、大切なのは、あるべき姿に
持って行くためにはどんな能力が必要かという実現可能なアクションプラン
を作ることだと言っていました。

開業後にやることで、同業者以外の仲間を作る、何でも相談できる専門家
を見つけておく、事業計画は年1回見直す、面白いところでは、お店の誕
生会を開く(1周年記念など)ことをやってみるといいそうです。

いろいろお話を聞いて、スーパー源氏への参加を決めました。ホームページ
もスーパー源氏に作成していただくことになり、現在作成していただいて
いるところです。

昨日、河野社長からメールがあり、Amazonへの出品も検討してみた
方が良いとのこと。自分の会社だけでなく古本屋の事を考えてくれる方だ
と思いました。たたし、Amazonマーケットプレイスに出品する書籍
は、スーパー源氏とは分けた方が良いとのこと。Amazonでも発送処
理、状態表示等懇切丁寧に説明することでリピータがついている古書店様
もいるので、価格競争は避けて高額でも売れる方法をトライしてみて下さ
い。とのこと。

ご紹介いただいたBOOKS21さんのHP、見てみましたが、
完全前金制で売っているのに高価で売れるのは、なぜなのか?聞いてみたく
なりました。あと、ここで売っているパラフィン紙、ほしいなあと思いま
した。お店向けに大量販売もしている様なので、購入考えてみようと思います。

Posted on 2010/10/29 Fri. 15:50 [edit]

category: セミナー

tb: --   cm: 0

本の学校in東京ビックサイトにて古本屋の実態を知る  

今年は、ipadの発売で、電子書籍元年なんて言われてますが、
そんな中、古本屋を開業するのは、どうなのか。

新刊本屋も含め、紙の本の市場はどうなっていくのか、ちょっと
危機感がありましたので、この夏から秋にかけて、2つのセミナー
に行ってきました。

一つは、7月8日~11日まで有明の東京ビックサイトで開催され
ていた「東京国際ブックフェア」で、10日(土)に行われた、

「本の学校出版産業シンポジウム2010in東京」です。

たまたま、古本屋で買った以下の本で、本の学校というものがある
ことを知り、Webで調べてみたら、今年は7月11日開催だった
ので、受講の申し込みをしました。受講料は、2000円。



ちなみに著者の安藤哲也さんは、脱サラして、「往来堂書店」という新刊
本屋を立ち上げたカリスマ書店員だったそうです。

年に1回やっている様なのですが、今年は、午後の分科会で、

書店の中古書併売の実際を聞く-書店の新たなビジネスになるのか?

というセミナーがあり、実際に古本屋を経営されている方の話が
聞けました。

パネリストは、三洋堂書店さん、平安堂さん、ブックスタマさん
の三書店の皆様。みなさん、新刊本屋と古本屋を併設して、営業
されている書店です。

三洋堂書店さんは、BOOK OFFの様な大量リサイクル書店
を展開しており、古本を本格的に始めたのは2009年からだそう
です。今、儲かっている書店は、古本を扱っている書店が多いと
のこと。

平安堂さんは、長野県で、新刊本屋の中に古書センターを開設して
いる街の本屋さんです。ちなみにコミックはやっていないとのこと。
誠意をもって買い取りをしているとのことで、買い取り価格はBOOK
 OFFよりも良心的です。本の探索隊といった本の検索サービス
もやっており、同じ地方の書店として参考になりました。
お客さんが古本を売って、新刊を買ってくれるので、新刊本屋の利益
もでているそう。

ブックスタマさんは、東大和店の隣にBOOK OFFができたお
陰で、認知度がアップし、新刊の売り上げが増えたそうで、古本屋
は、以外と新刊本と一緒に売ると、相乗効果が見込めることがわか
りました。

3店とも、古本屋だけだと厳しいみたいなことを言ってましたが、
新刊本屋と古本屋のコラボは、結構相性がいい事がわかりました。

「古本屋は、新刊本屋とも共存」していけるのではないか。という
感じがしました。そして「紙の本は無くならない」ということも
全セミナーを通じて感じたことでした。電子書籍とも、Ipadと
も共存していける!と感じられる、本の学校セミナーでした。

 帰りに、午前のセミナーで紹介されていた、松岡正剛の書棚を
中央公論新社のブースで購入。丸善(東京丸の内本店)の4Fに
自分の好きな本を並べて売っている方の本。



 後日、実際に松丸本舗に行ってきましたが、これが本屋の理想
かなと思いました。ジャンル毎の本の並べ方など、古本屋にとっ
ても、参考になりました。

Posted on 2010/10/26 Tue. 19:15 [edit]

category: セミナー

tb: --   cm: 0

当ブログ訪問者カウンター

プロフィール

長谷川枕山堂(古書店)HP

本と文化の街スーパー源氏

カレンダー

最近の記事+コメント

一口馬主出資馬一覧

愛馬のレース予定&結果2017

愛馬のレース予定&結果2016

カテゴリ

リンク

愛馬のレース結果2015

愛馬のレース結果2014

愛馬のレース結果2013

愛馬のレース結果2012

本日の金価格(円/g)

株価&為替ボード

月別アーカイブ

天気予報

電力使用状況&電気予報

検索フォーム