お店で無線LAN(Wi-Fi)は一旦中止~電磁波の影響について~

先日、お店で無線LANを使って、常時インターネット接続
環境を作る予定という記事をこのブログで書いたところ、
匿名のmaatasikaniさんより、以下のコメントを頂きました。

********************
無線LANの健康被害について北米で大問題になっているようですよ。
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10657540596.html
********************

自分も大学で物理を学んでいたため、電磁波による健康被害
がちょっと心配で、周波数や波長を調べたのですが、いわゆ
る、放射線と呼ばれる有害な電磁波ではなく、可視光よりも
波長の長い安全な電磁波程度にしか考えておりませんでした。

しかし、上記ブログを拝見したり、以下の本を買って読んで
見たところ、ちょっと考えが甘かったと思いました。





世の中には、電磁波過敏症という症状の方がいるそうで、携帯電話
のアンテナや本体から出る電磁波のために、体調が悪くなったり、
頭痛や不眠を訴える方がいるとのこと。無線LANの電磁波も、
携帯電話の電磁波とほぼ同じ波長、周波数帯なので、上記の様な
方には、影響が出る可能性がある。

ipad等、無線LAN(Wi-Fi)や3G(携帯電話網)に
接続する電子書籍端末でも、その影響はあることになる。
もちろん、現在の情報化社会は、電磁波無くしては、もはや、成
り立たなくなってきており、身近なところでも、電子レンジ、I
Hクッキングヒーター、pasumoやsuica、TV放送、ラジオ放送、
コードレスフォン、家電、自動車やETC等も電磁波を使用する。
自分の家でも、無線LANをはじめ、上記、電磁波を発する電気
製品をたくさん利用しています。

そして、太陽の光も電磁波であり、これが無いと、地球上で生活
できないことにってしまいます。(太陽がもしも無かったら~、
地球は、たちまち凍りつく~by太陽戦隊サンバルカンより)

ただ、太陽の光には、有害な紫外線が含まれており、それが地球
のオゾン層で吸収されるため、地球上に降り注ぐ紫外線は、少な
くなっていますが、フロンガスによるオゾン層破壊が起こってお
り、世界的な問題となっています。

電磁波についても、自然に存在する電磁波だけでなく、現代文明
によってもたらされた人工の電磁波(主に電波が多いですが)が
多くなっているところに、少し問題が出てきている様に思います。

自分としては、電磁波とは、その身体への影響を考慮し、できる
だけ、影響を受けない様にしながらも、その利便性は活用した方
が良いと考えていますが、公共の場であるお店に無線LANを設
置することで、万が一お客様に悪影響があった場合のことを考え
一旦、中止することにしたいと思います。まだ、開店前なので、
いくらでも方針転換可能です。

あまり電磁波に対して、ヒステリックになることもなく、世界の
情勢を中立的に見守りたいと思います。

でも、電車の中で携帯の電源を切ることは、マナーとして気を付
けてやっていきたいと思いました。
この様な貴重な情報をコメントいただいたmaatasikaniさんの声は、
神の声だと思って、いろいろ試行錯誤しながらやっていきたいと
思います。

2 Comments

maatasikani  

No title

無線LANの健康被害について北米で大問題になっているようですよ。
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10657540596.html

2010/11/11 (Thu) 21:49 | EDIT | REPLY |   

maatasikani  

電磁界情報センター

電磁界情報センターについて、中立かどうかが問題にされているようです。
http://denziha.net/katsudou/090127.html
http://denziha.net/katsudou/100107.html

当初は、消費者団体の「電磁波問題市民研究会」の大久保貞利も電磁界情報センターのパネラーとして入っていたのですが、辞められました。中立と思っておられたら、続けられたのではないでしょうか。
http://www.jca.apc.org/tcsse/kaiho/kaiho-i.html
http://www.jca.apc.org/tcsse/index-j.html

2010/12/02 (Thu) 09:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment