2012年2月26日の礼拝メッセージ~「キリストの再臨と前兆」~聖書を人生のガイドブックに

2012年2月26日、峰町キリスト教会、安食弘幸牧師による礼拝メッセージの要約です。

【参照する聖書の箇所】
------------------------------------------------------------------------------------
マタイの福音書24章3節~14節
3:イエスがオリーブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとに来て言った。
  「お話ください。いつ、そのようなことが起こるのでしょう。あなたの来られる時や世の
  終わりには、どんな前兆があるのでしょう。」
4:そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気を付けなさい。」
5:わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わす
  でしょう。
6:また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気を付けて、あわれないようにし
  なさい。これらは、必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。
7:民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。
8:しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。
9:そのとき、人々は、あなたがたを苦しいめに会わせ、殺します。また、わたしの名のため
  に、あなたがたはすべての国々に憎まれます。
10:また、そのときは、人々が大ぜいつまずき、互いに裏切り、憎みあいます。
11:また、にせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。
12:不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。
13:しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われます。
14:この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから終わり
  の日が来ます。

------------------------------------------------------------------------------------

【メッセージ要約】
------------------------------------------------------------------------------------

ある中学の英語の時間です。先生が、

「I live in TOKYO」を過去形に変えなさいと質問したところ、

一人の生徒が

「I live in EDO(江戸)」

と答えた。(笑)

この生徒にとって、未来形は、

「I live in TENGOKU(天国)」

なんて答えるのかもしれませんね。
私たちは、個人も人類も、過去、現在、未来という歴史をもっている。
過去に興味がある人は、歴史を調べる。
将来に興味があれば、データを集めて、未来の予測をたてる。
聖書には、過去も未来も語られている。今どう生きるべきか?
将来起きることも書いてある。1冊の聖書に、沢山の内容がある。
将来を見通す窓でもある。

★ある映画の話

時は、今世紀の終わり、今から80年後で舞台はニューヨークです。地球が温暖化が進み
南極、北極の氷が解けてしまう。海の水位が上げり海辺の土地は水没している。
ニューヨークも、半分くらい水に浸っている。気温は30度~40度になる。
電気、ガスも使えず、苦しさから大勢の自殺者がでる。
政府は、自殺希望者のために安楽死センターを作った。死にたい人が行く。

1人の男が「ああ、もうつらい」とそこへ行く。久しぶりに冷たいシャワーを浴びた。
さっぱりしてガウンをもらい、次の部屋に行くと、凄いご馳走がある。最後の晩餐です。
それを食べて、次の部屋に行くと、ベッドの様なソファーがあり身を横たえると、気持ち
よく眠れそう。周囲の壁が全部スクリーンになっていろいろな場面が映る。本物の自然の
様に花畑に蜂が飛び、香りが漂う。BGMが流れ春夏秋冬の場面が映る。見ていると涙が
こぼれる。

ほんの30年前まで、地球上のどこにもあった場面が、今は全然ない。彼が静かに目を閉
じると機械が動き静かに死んでいく。彼の友人が安楽死を止めようと駆けつけたが、彼の
遺体を運ぶ車が出ていく。次の場面です。外の状況は、自然は荒れ果て農作物が育たない。
食料がない。スーパーにも売っていない。人々は、政府が配給するドッグフードの様な物
を食べる。完全栄養だという。あの友人が町はずれのあの遺体が運ばれた工場に行く。
そっと紛れ込んで見たものは、安楽死センターから運ばれた遺体からあのドッグフードが
作られていた。

それを見た友人は茫然とする。あまり楽しくない映画です。
この映画は、もし人類が、このまま自然を破壊していくとこのようになるぞ、という警告
だと思います。


聖書は、このテーマより、もっとリアルにこれから迎えるかもしれない世界を教えている。
今の生活を続けていくならば、科学が発達し、産業も栄え技術も進歩するかもしれない。
だが、もっと大きな問題が起きる。
環境破壊、公害、エネルギー問題、食料問題、人口増加、こうなると人類は滅んでしまう。
しかしその前に神が、人類の歴史に介入されて破壊をストップさせ、新しい世界が始まる。
それはイエスキリストの再臨です。

1.偽キリストの出現

今から2000年前、イエス・キリストはこの世界に来られた。最初のクリスマスです。
イエス様は、33年間、この世界に住まい、人の罪の身代わりとして、十字架にかかって
死なれ、3日目に甦った。そして40日後、天に昇っていかれる時、

「世の終わりにもう一度来る。」と仰った。

その時人類の歴史は幕を下ろす。すると多くの人が再臨の時を予言した。

例)★マルティン・ルター(宗教改革者)は自分の著書に、1636年に再臨する。
  ★ジョン・ウエスレー(イギリスのリバイバル伝導)1874年に再臨する。

  彼らは預言した日よりも先に死んだので預言が外れたことを知らない。

  ★ウイリアム・ミラーは1844年と言いました。
  ★ものみの塔(エホバの証人)のチャールズ・ラッセルは、1914年と言ったが、外れた。


最近、多くの学者が、1988年の説に同調した。イスラエル建国1948年から40年目
だったから。聖書には、40年が1区切りになっているからです。しかし何も起きなかった。

韓国のタベラ宣教会は、1994年10月29日が、キリスト再臨だと発表し、韓国キリ
スト教社会に大きな混乱をもたらした。指導者たちは詐欺罪で刑務所にいる。キリストの
再臨を知っている人はいないのです。もしそれを知っていたら、人類の最高秘密を知って
いることになります。でも、イエス・キリストは言われた。

マタイの福音書24章36節
「その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません、
 ただ父だけが知っておられます。」


だから、もし人間が、イエス・キリストの再臨を知っていると言ったら、嘘つき、偽預言者です。

しかし、キリストの再臨の前には前兆がある。物事には様々な前兆があるので、しるしを
みて判断しなさい。

5節「わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を
   惑わすでしょう。」


「私の言うことを聞いていれば、天国へ行ける。」
「私は最終解脱者です。空中浮遊したからね。」


と私こそ、世界の救い主だという人がどんどん現れる。終わりの時代になるほど。
自称メシアだという人物は、1世紀から現れた。

●132年 バル・コクバ
 ユダヤ人で大勢が従った。当時ユダヤ教の尊敬されるラビ、アキバ・ベンヨセフが、「バル
 ・コクバこそメシアだ。」と発表したので、彼についてローマと戦ったが敗けた。

●5世紀 モーセと名乗る男
 地中海のクレタ島を本拠にした。彼はユダヤ人に「もうすぐ解放の時が来る。」と宣言した。
 ある時、海の断崖絶壁の上に立ち「私が飛び込むと海が分かれ、メシアであることがわかる。」
 彼が飛び込んて死んだら、次々と人々も飛び込み死んだ。

●12世紀 メシアと名乗る男
 彼は、イエメンにいた。私がメシアである証拠に、首を切り落とせ。3日目に甦って見せると
 言った。首を切られたが、それきりである。

●16世紀 トマス・ミュンツアー
 ドイツ人で、国家反逆し、これからハルマゲドンが起きる。と宣言して、鎮圧に来た兵隊に
 向かって、「俺を銃で撃ってみよ。見事に弾を受け止める。」と言ったが、死んだ。

●17世紀 サバタイ・ツエビ
 スミルナからヨーロッパのユダヤ人に向かい「私は、あなた方の救い主だ。神のいう解放と
 は欲望のままに生きることだ。社会の法律は守らなくてもいい。結局社会を混乱させて逃げ
 るが、トルコで捕まる。そこでイスラム教に改宗してしまう。

●20世紀 シモン・キンバングと弟子のアンドレイ・イエスマック
 コンゴ人で、死後復活すると信じている人々が沢山いるという。

●20世紀 ディビッド・コレシュ
 アメリカ人で、大勢の信者を集め武装集団になった。FBIと対立して彼らは集団自殺して
 しまった。

●中国 東方いなずま派の教祖
 自分はキリストの再臨だと主張している。

●韓国 統一教会の教祖 文鮮明
 自称、再臨のキリストという。韓国では33名の自称キリストがいる。

一度、この33名が集まって、話し合ってもらうと、お互いの誤解が解けるのではないでしょ
うかね(笑)。

2.世界的災害

7節「民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。」

20世紀に、人類は、第一次世界大戦と第二次世界大戦を経験した。
多くの民間人が犠牲になった。今、世界をみると、いつ第三次大戦が起きても不思議ではない。
イランが原爆開発しているのか。イスラエルを含む中東でいつ戦争が起きるかわからない。
アインシュタインに聞いた人がいる。

「博士、第三次世界大戦はどんなものになりますか?」

彼は、ユーモアに富んでいたので、

「僕たちは、第三次大戦はわからないが、第四次世界大戦はわかる。第四次世界大戦は、
 石と棍棒をもって戦うだろう。」


彼一流のジョークです。第三次世界大戦が起きたら原爆を使われる。人類は絶滅してしまう。
すべての文明が破壊されて、人類は一から始めるしかない。石と棍棒で戦う。
正に、民族は民族、国は国に敵対している。ソ連が崩壊したときに沢山の国に分かれた。
地理の専門家は困った。受験生も困った。あれは民族ごとに分かれた。正に民族は民族に敵対
した。

世界食糧機構の発表によれば、今、世界人口70億の4人に1人は飢餓に直面している。
地震も1700年から1900年の200年間の大地震は16回起きた。1990年以降は、
世界で大地震が100回を超えている。地震も頻度も増えているし、大きさも増えている。
去年の日本の地震は、これから国内方々で起こるという。

9節「そのとき、人々は、あなたがたを苦しいめに会わせ、殺します。また、わたしの名のた
   めに、あなたがたはすべての国々に憎まれます。」


3.迫害の激化と福音宣教の拡大

これは、クリスチャンへの迫害が激しくなる預言です。今、毎年、世界でクリスチャンが30
万人いるといわれる。独裁国、イスラム国家など迫害が強くなっている。しかし毎年1500
万人くらいが、新たにクリスチャンになっている。福音宣教も拡大している。

14節「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから終
    わりの日が来ます。」


イエス・キリストの再臨の前に、全世界の人に福音が伝えられていく。2千年前に語られた、
この言葉を信じた人々は、当時エルサレム周辺にいた人だけだった。でも今では地球を1周し
ている。人が福音を聞く気さあれば、地球上どこにいても聞ける。衛星も飛んでいる。ラジオ
やテレビの電波も流れている。聖書はあらゆる国の言葉に訳されている。福音の文書は世界中
に溢れている。世界宣教とイエス・キリストの再臨は密接に結びついている。
じゃあ終わりの日が来てもいいじゃないか。

だが、もう一つ成就していない事がある。それはユダヤ人の集団的改宗です。イエス様は、
ユダヤ人に言った。

マタイの福音書23章39節
「あなたがたに告げます。『祝福あれ。主の御名によって来られる方に』とあなた方が言うと
 きまで、あなたがたは、今後決してわたしを見ることはありません。」
     

この時、イエス様は、ユダヤ人に向かって、

「今、あなたがたは、私を拒否している。でも、やがて、民族的に私の再臨を迎えるような
 時代になったら、私はあなたがたのところに帰ってくる。」
と言われたのです。

以前、言ったように、イエス・キリストの再臨ではっきりするのは「悪魔の敗北」です。
最後の審判が起こり、悪魔と悪霊どもは地獄の火の中に投げ込まれます。
悪魔にとって、キリストの再臨はない方がいい。なるべく先伸ばしにしたい。
そのためには、ユダヤ人がキリストを信じることがないように、歴史の中で様々な迫害の中
を通らされた。クリスチャンが迫害の張本人だった。彼らユダヤ人は、キリストの名や十字架
に嫌悪感すら覚える。

ユダヤ人がクリスチャンになるのは難しい。悪魔の思うつぼだった。しかし、今、ユダヤ人に
その兆しが見えている。あれほど頑なだったユダヤ人に、イエス様を信じる人々が沢山起きて
いる。正に終わりの時代です。私たちクリスチャンに課せられた大きな役割の一つはユダヤ人
の救いです。彼らの救いのために祈るべきであり、ユダヤ人に愛を示していくべきです。

ユダヤ人が、心を柔らかくしてイエス様を信じていくことのために働くのは私たちの使命です。
神様は、この時代にどういうクリスチャンを求めているか。それはユダヤ人の救いのために、
祈る教会を求め、そういう教会を人を祝福してくださるのです。
---------------------------------------------------------------------------------------
以上、要約でした。


自分は、過去の歴史から学ぶのも好きですが、未来を予想するのが結構好きです。競馬予想も、
その一環なのですが、8割方、予想は外れます。これは、競馬予想専門の人でも、完璧に予想
して勝ち続ける事は、不可能ですし、人間の予想は、当たることもあれば、その多くはハズレ
ます。

経済予想も、今の世界情勢を見ながら、資産運用しているので、インターネットや本から情報
を収集して、短期的な予想をすることもあります。しかし、人間の予想や、予言は、不確実な
ものです。ですから、長期的には、予想するのを止めて、インデックス・ファンドで市場に、
あくまで受け身(パッシブ)になって、上がっても、下がってもいい様にしている訳ですが。

自分の競馬予想や、経済予想は、外れても、外れるのが当たり前という前提に立っているので、
あまり、参考にしない方がよろしいかと思います。(^^;

ところで、人間が予想や予言していけない事が、ひとつあります。それは、

「イエス・キリストの再臨が何時か?」

という予言です。聖書では、それは、創造主なる神様だけが知っているとハッキリ言っています。
ですから、新興宗教や、キリスト教の3大異端(ものみの塔=エホバの証人、モルモン教、
統一教会)は、人間を神にしてしまい、やってはいけない予言をして、多くの人々がその犠牲
になっています。

つまり、本物のクリスチャンは、いつ再臨が起きるといった予言は絶対してはならないですし、
聖書の言葉を信ずるならば、予言した時点で、偽予言者になります。

予言は、聖書の預言(神様から言葉を預かる事)とは異なり、ハズレる事がありますが、聖書に
書かれた預言には、ハズレは無いという点で、全く異なるものです。モーセやイザヤ等の預言者
は、神様から言葉を頂き、民衆や為政者から迫害を受けながら、神の言葉を語っているので、天
気予報士や、競馬予想家とは、明らかに異なるのです。

ただし、その時期が近くなったという前兆の現象については、聖書に書かれているので、その
現象を通じて、再臨が近いなということを感じることはできます。昨年の東日本大震災や、その
後も止まない余震。イラクとイスラエルが戦争になるかもというニュースも流れています。
まさに、聖書が言っている様に、現代は、産みの苦しみの初めなのかもしれませんね。

しかし、終わりが来たのではないと聖書は言っています。人々の不安を掻き立て、世界の終わり
が迫っているから注意せよ。自分を神と拝めなどと言う人を信じてはいけません。

以前、このブログでも紹介した、クリスチャンファイナンシャルプランナーの松島修さんの以下
の書籍で、2007年6月が1967年のエルサレム奪還から、ちょうど40年で、そこから、
激動の7年の時代に入ったと予測していますが、



松島さんも、クリスチャンなので、もちろん、聖書の御言葉はご存じで、
27Pから抜粋します。
-------------------------------------------------------------------------------
聖書では数字に意味がありますが、数字遊びや日を特定することは危険なことです。
なぜなら、聖書に書いてあるように、一番重要な日は誰にもわからないこととと、過去、
多くの人が、この日を特定することで、人々を惑わしてきたからです。


「その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません、
 ただ父だけが知っておられます。」マタイ24・36


数字や日を扱うには、書く側にも読む側にも知恵とバランスが必要とされます。
本章の内容は怪しい話に聞こえて誤解されやすいため書く事をためらったのですが、今
は無視できない時代になっていると判断して書くことにしました。

数字や日に囚われることは間違いです。
また、占いや予言は聖書では禁止されています。
ただし、「予言」と「預言」は異なり、
預言とは神から預かった言葉という意味であり、必ずしも未来のこととは限らず、聖書
自体が預言の書でもあります。
もちろんのことですが、私は預言者でもなければ、何か偉い者でもありません。
-------------------------------------------------------------------------------
と言われており、2007年から激動の時代が始まり、2014年6月に時代の転換点
が訪れ、2014年に向けて、戦争だけでなく、金融危機・経済危機・地震・洪水・台
風・疫病・飢饉などが世界で発生する可能性が高いと、聖書に書かれた前兆から、

予測しているだけ(自分の競馬予想よりは当たるかもしれませんが)

であり、聖書には、時期を特定した預言の箇所は無い事をクリスチャンなら知っていま
すので、日を特定した予言には、注意ですが、現在は、聖書に書かれている様に、産み
の苦しみの初めの時期に差しかかっており、天災や経済危機等に十分注意が必要な事を
知ることはできます。

その準備ができている人とできていない人では、その災害や危機が来た時の対応が違い
ます。準備できている人は、慌てませんし、恐れません。しかし、準備できていなかっ
た人は、いきなりの災害や、金融危機に過剰な恐れと不安を抱くようになります。
そし
て、その不安を煽って商売をしようという詐欺的な商売もこれから増えていくので、だ
まされない様に気を付けた方がいいと松島さんは言っています。

松島さんは、FX(外国為替証拠金取引)や、金CFD(差金決済取引)や原油・穀物
、VIX(恐怖)指数ETF(上場投資信託)が専門で、2007年6月からは、全て
の投資を止め、FXは通貨の交換なので、投資では無い。豪ドルや、カナダドル、スイ
スフランは、インフレに強いので、FXでこれらの通貨を買い、ドルやユーロ、円は持
っていたくない通貨だそうです。

金(ゴールド)は、商品としての側面と通貨からの避難先という2つの側面を持ち、イ
ンフレヘッジとして、また通貨の代わりとなるから、金投資が最優先。また今回の様な
中東不安や飢饉があると、原油や穀物等の商品価格は、現在上昇してきていますので、
それらの価格に連動するETFや、昨年夏の金融危機時に、恐怖指数と言われるVIX指
数が上昇しましたが、その指数に連動するETFを保険に買っておくことを勧めています。

また、優先度は低いですが、日経225オプションのプット買い(プット=売る権利の
ことで、日経平均が暴落した時に利益が出る万が一保険の様なモノ)や、暴落時の日本
株や不動産買いも、推奨しています。

大雑把なポートフォリオは、以下の通りだそうです。

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー



この本では、逆に買ってはいけない商品として、以下の4つを挙げていますが、これは、自分
も正しいと思います。あえて言うと、一口馬主は、流動性が低い投資になりますので、高額な
馬や、経費がたくさんかかるクラブは、よほど馬を見る眼がある場合を除いてオススメしません。

1)景気が良くなると利益になる投資は避ける
 例)ハイ・イールド債(信用度の低い利率は高いが元本割れのリスクのある債権)

2)高度に複雑化した投資は避ける
 例1)仕組債(デリバティブが組み込まれた債券)
 例2)通貨選択型ファンド(利回りが15%~20%と高いが、金利安と通貨安で急激
              に損失が発生する可能性大)
3)流動性の低い投資は避ける
 例1)投資用ワンルームマンション
 例2)流動性の低い通貨、商品、株(南アフリカ・ランドやトルコ・リラ等のマイナー
    通貨や、流動性の低いETF等)

4)営業される投資は避ける
 昔から、営業、特に電話営業される投資は避けるべき。流動性が極端に低い投資である
 ことも多い。

ところで、自分がやっているインデックス・ファンドの積み立て投資は、ほとんど、この
本では、無視されています。やはり、松島さんは、富裕層向け資産防衛という感じでしょうか。


いや、投資常識の間違いとして、自分がやっている長期国際分散投資は、一見間違いの様
に書かれています。

1)分散投資が大切?ポートフォリオを組むと良い?
2)長期投資がよい?
3)短期投資は儲からない?
4)ローリスク・ハイリターンは有り得ない?
5)ファンドマネージャーに一任するのが良い?


5)で、ファンドマネージャーが積極運用するアクティブファンドの多くは、指数になる
株を全部買うインデックス・ファンドに勝てないというのは、10年以上前からの業界の
常識となっています。
として、アクティブ・ファンドを買うよりは、インデックス
ファンドの方がいいくらいに書かれています。

確かに、昨年夏の様に、下がる時は、全部の資産が下がり、今の様に上がる時は、全部の
資産が上がる様になってきました。一見ポートフォリオで、国際分散投資は、意味が無い
と思われるかもしれません。しかし、株価が下がっている時に口数をたくさん買えるイン
デックス・ファンドの積み立ては、投資するタイミングを時間分散していますので、今の
様な上昇局面では、リバランス等の仕方によっては、ローリスク・ハイリターンも可能だ
と思います。

長期投資がイマイチな理由を日本株のインデックスが20年下がり続けている事を理由に
あげておられますが、世界の株価指数(たとえば、MSCIコクサイ指数等)は、上がっ
たり、下がったりを繰り返していますので、投資タイミングを時間分散すれば、長期投資
で利益を出すことも可能かと思います。

集中投資専門のウォーレン・バフェット氏でさえ、長期のバイ&ホールド投資派ですし、
個人投資家にはインデックス・ファンドを勧めています。あと、タイミングを見計らった
投資は、素人はもちろん、専門家でも難しいと思います。普段、仕事をしている人が、乱
高下する市場のタイミングを随時チェックする事は不可能ですし、FXは、ストップロス
をかけて、レバレッジ(倍率)を抑えれば安全と言われていますが、自分は、為替変動に
一喜一憂するFXより、

世界中のインデックス・ファンドに投資して、通貨も全部の通貨(金も含みます)に
分散しておけば、為替的には、中立になり、為替変動に一喜一憂しなくなるという、
カン・チュンドさんの意見に共感しています。


松島さんの方法は、悲観予測下での資産防衛術なので、確かにクリスチャン的にはその投資
スタンスは、見習う所もありますし、実際、純金積立で、金の現物投資もしているので、一
部は参考にさせて頂きたいと思います(金の比率を短期的にあげるなど)が、自分は、FX
やVIX指数ETFというツールを使って資産運用はしたいとは思いません。

FXは、誰かが儲かれば、誰かが損をするゼロサムゲームであり、勝った人の裏には、多く
の負けた人がいるのです。自分があまり、大金を馬券につぎ込まないかというのも、FXと
同じゼロサムゲームであるからです。愛馬応援馬券で少額や、お遊びでWIN5を買う分に
はいいと思いますが、自分は馬券やFXで資産運用をしたいとは思わないんです。リスクの
割に、リターンの不確実性が大きいからです。

2年半、インデックス・ファンドで資産運用してきましたが、集中投資でなく、世界中の資
産に分散していたおかげで、震災で、東電株の暴落した時や、ユーロ危機時でも、平然とし
て冷静に積立を継続できた事で、日銀のインフレターゲット導入もあって、円安に振れてき
ましたので、久々に、利益がプラスになってきましたので、このあたりで一部ファンドを、
利益確定させて、下がってきたら、そこで、また買いたいと思います。

基本は、毎月定額のドル・コスト平均法による定額積立てなんですけどね。

同じ金に投資するのでも、松島さんは、金CFDや金ETFでタイミングを見計らって一気
に投資、自分はドルコスト平均法の純金積立で時間分散して投資(たまにスポット買いもし
ますが)のと資産運用ツールが違うだけです。松島さんの言うとおり、ファンドも買わずに
いる方がいいのかも、しれませんが、昨年の夏、世界同時株安だった時、自分は下がってい
た外国株インデックス・ファンド、日本株インデックス・ファンドをを買い増し、3月まで、
売らずに持ち続けた事で利益もでています。

松島修さんも、カン・チュンドさんも、使うツールは違えども、その主張は、

「株価下がったところで、恐れで売るな、逆に買い時。株価上がったところで、
 欲にかられて買い増しするな。逆に売り時(一部ですが)
(ドルコスト平均法の定額積立ては、上記を自動的にやってくれます。)」


また、同じETFというツールを使っていますので、商品ETF等では、コラボできるかも
しれませんね。

という点は、一致していると思います。と言う事で、聖書をガイドブックに、恐れずに、
これからも資産運用していきたいと思います!本日、J-REITインデックス・ファンド
全部と、中国H株、ブラジル株インデックス・ファンドを一部解約、現金化しました。お店
の改築費用と、国民年金の支払い用に、一部利用したいのと、新興国株の、ボラティリティ
(振れ幅の大きさ)の高さが身に染みてきましたので、安定的な先進国株と、金に一部資金
をシフトする為です。余裕があれば、狙いの一口馬の追加出資もしたい所ですけどね。(^^)

ところで、福音は、facebook等のSNSによって、爆発的に広がる時代になってき
ました。このブログの安食牧師のメッセージ要約部分は、冨澤さんという教会員の方が毎週
テープ起こしされているものを、自分がメールで頂き、修正後、峰町キリスト教会のフェイス
ブックページに乗せています。峰町キリスト教会のfacebookページに「いいね!」
してくれている人にも、安食牧師のメッセージが連鎖的、大量に配信される様になっています。

「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから終わり
 の日が来ます。」


という預言が成就しつつあるのかもしれませんね。聖書をガイドブックに人生を歩むなら、
恐れや欲望から解放された人生を歩むことができます。このブログを通じて、その事を知って
くれる人が少しでもいれば幸いです。

2012-03-02 19:30 : 聖書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

当ブログ訪問者カウンター

プロフィール

長谷川友紀(ハセガワトモノリ)

Author:長谷川友紀(ハセガワトモノリ)
40歳で脱サラし、ハンコ屋+古本屋のハイブリッド店舗(ネット+実店舗) 長谷川枕山堂(ハセガワチンザンドウ)の代表をしています。大学では物理を学び、東京のIT企業で15年+1年勤務後、実家に帰郷。インデックス・ファンドと純金の積み立てで資産運用するクリスチャン。趣味は、アニソンを聴くこと、歌うことと一口馬主。大井の東京大賞典(地方競馬のグランプリ)制覇が夢。

長谷川枕山堂(古書店)HP

本と文化の街スーパー源氏

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

一口馬主出資馬一覧

silk1.gif

愛馬のレース予定&結果2017

【全成績】3-0-4-1-2-1-2-3-7
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/7京都12Rスペシャルギフト1着(1050)
1/8中山12Rブラックバゴ1着(1050)
1/14中京8Rダンスールクレール7着
1/15中山12Rシルクブルックリン9着
1/28東京11R(OP)サムソンズプライド4着(360)
2/11東京12Rアルーアキャロル8着
2/18東京11R(G3)サムソンズプライド⇒中止
2/19東京10Rブラックバゴ3着(430)
3/5阪神9Rスペシャルギフト9着
3/11中山10Rグランドサッシュ8着
3/20中京10Rシルクブルックリン11着
4/8中山2Rリバーサルフィルム取消
4/8阪神10Rスペシャルギフト5着(182)
4/16福島12Rシルクブルックリン3着(380×2口)
4/30東京2Rリバーサルフィルム6着
5/6東京10R(OP)サムソンズプライド11着⇒引退
5/27京都11Rスペシャルギフト16着
6/17函館2Rリバーサルフィルム8着
6/17東京11Rグランドサッシュ5着(182)
6/17東京11Rブラックバゴ9着
7/8函館11Rブラックバゴ1着(1820)
7/22福島5Rヴェロニカグレース3着(180)
7/29新潟11Rグランドサッシュ3着(460)
8/19新潟11Rグランドサッシュ7着
8/20新潟10Rシルクブルックリン⇒中止⇒引退
【出走予定】
9/3新潟7Rリバーサルフィルム*着
9/24中山11R(G2)ブラックバゴ*着

愛馬のレース予定&結果2016

【全成績】3-5-3-2-6-5-6-2-10
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/9中山10Rサムソンズプライド2着
1/24中京7Rダンスールクレール5着
2/6東京9Rグランドサッシュ3着
2/7東京10Rサムソンズプライド2着
2/13東京7Rダンスールクレール5着
2/14東京5Rアルーアキャロル1着
2/21東京10Rブラックバゴ12着
3/5中山10Rブラックバゴ6着
3/6中山9Rグランドサッシュ5着
3/6中山9Rシルクブルックリン7着
3/26中京11Rシルクブルックリン7着
4/2中山10Rグランドサッシュ2着
4/23東京6Rダンスールクレール7着
4/24東京9Rブラックバゴ9着
5/7東京10Rサムソンズプライド1着
5/15東京10R(OP)アルーアキャロル2着
5/15新潟11Rシルクブルックリン6着
5/29東京8Rグランドサッシュ1着
5/29東京12R(G2)サムソンズプライド8着
6/18東京11Rグランドサッシュ5着
6/18東京12Rダンスールクレール4着
6/25東京10Rブラックバゴ6着
6/25東京10Rシルクブルックリン10着
7/9福島10Rブラックバゴ10着
8/6新潟10Rシルクブルックリン4着
8/6新潟10Rブラックバゴ11着
8/6札幌11R(OP)サムソンズプライド12着
8/20新潟11Rグランドサッシュ3着
9/3新潟10Rシルクブルックリン7着
9/4札幌11R(OP)サムソンズプライド5着
9/25中山11R(G2)サムソンズプライド10着
10/10東京9Rアルーアキャロル2着
10/22東京8Rシルクブルックリン7着
10/22京都10Rグランドサッシュ6着
11/12東京12Rスペシャルギフト6着
11/26東京6Rリバーサルフィルム5着
11/27東京6Rダンスールクレール15着
12/3中山11R(G2)サムソンズプライド7着
12/11中京9Rダンスールクレール9着
12/17阪神10Rスペシャルギフト7着
12/18中京12Rシルクブルックリン3着
12/25中山2Rリバーサルフィルム8着
12/25中山10R(G1)サムソンズプライド16着

愛馬のレース結果2015

【全成績】3-4-5-12-7-5-6-2-17
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/4京都3Rキングオブタイム12着
1/4京都4Rダンスールクレール4着

1/10京都5Rスペリオルラスター5着
11/17京都10Rシルクブルックリン11着
1/18中山1Rアンジュデトワール4着
1/18中山7Rアウレオーラ4着
1/18京都7Rダンスールクレール5着
1/18中山10Rサムソンズプライド7着
1/18中山11R(G3)ブラックバゴ2着
1/24京都5Rスペリオルラスター7着
1/31東京9Rシルクブルックリン9着
2/1東京12Rグランドサッシュ3着
2/8東京7Rアウレオーラ12着
2/8小倉9Rキングオブタイム10着
2/15東京12Rグランドサッシュ10着
2/21小倉6Rアウレオーラ13着引退
2/21京都8Rキングオブタイム16着
3/1阪神12Rスペシャルギフト3着
3/7中山10Rサムソンズプライド3着
3/22阪神9Rスペシャルギフト1着
3/22中山11R(G2)ブラックバゴ6着
3/28中京11Rグランドサッシュ3着
3/29中山1Rアンジュデトワール13着
3/29中山10Rサムソンズプライド6着
5/2東京11R(G2)ブラックバゴ4着
5/9新潟3Rアンジュデトワール8着
5/9東京10Rサムソンズプライド2着
5/17新潟4Rキングオブタイム10着
5/17新潟11Rシルクブルックリン3着
5/23京都10Rスペシャルギフト4着
5/31東京8Rグランドサッシュ1着
6/6阪神10Rシルクブルックリン5着
6/27阪神11Rサムソンズプライド12着
7/11福島6Rアンジュデトワール2着
7/11函館7Rスペリオルラスター7着
7/18中京1Rキングオブタイム5着
7/26福島3Rアンジュデトワール9着
7/26函館4Rスペリオルラスター6着
7/26中京10Rスペシャルギフト10着
8/1新潟10Rシルクブルックリン6着
8/8新潟10Rグランドサッシュ9着
8/9小倉4Rキングオブタイム4着
8/16札幌2Rスペリオルラスター11着引退
8/30新潟4Rアンジュデトワール7着引退
9/5小倉4Rキングオブタイム4着
9/5新潟10Rシルクブルックリン4着
9/21阪神10Rスペシャルギフト4着
10/3中山10Rシルクブルックリン5着
10/12京都9Rスペシャルギフト7着
10/12東京10Rサムソンズプライド2着
10/24東京8Rグランドサッシュ4着
11/7東京6Rアルーアキャロル1着
11/7東京10Rサムソンズプライド4着
11/11笠松10Rキングオブタイム9着
11/14京都12Rダンスールクレール12着
11/21東京10Rグランドサッシュ7着
11/21東京10Rシルクブルックリン6着
11/29京都6Rダンスールクレール8着
12/6阪神4Rキングオブタイム4着引退
12/22中京11Rグランドサッシュ5着
12/26中山12Rサムソンズプライド5着

愛馬のレース結果2014

【全成績】10-9-7-1-5-8-8-5-38
1/5中山10Rグランドサッシュ10着
1/5中山11Rサムソンズプライド7着
1/6京都 5Rダンスールクレール15着
1/12中山7Rシルクブルックリン15着
1/12京都10Rシルクシンフォニー13着

1/13京都2Rスペシャルギフト1着
1/25中山4Rアウレオーラ8着
1/26中山5Rザッツフェイマス6着
2/1東京7Rスペシャルギフト6着

2/1東京11Rサムソンズプライド3着
2/1京都11Rシルクシンフォニー9着
2/9小倉4Rダンスールクレール11着

2/15京都2Rキングオブタイム2着
2/16小倉4Rブリーズラプソディ13着
2/16小倉7Rアウレオーラ15着
2/16小倉11Rシルクシンフォニー14着
2/22東京6Rグランドサッシュ7着
2/23京都2Rダンスールクレール取消
3/8中山8Rアウレオーラ14着
3/9中山2Rザッツフェイマス7着

3/9阪神2Rキングオブタイム3着
3/15中京11Rサムソンズプライド16着
3/22中京2Rキングオブタイム1着
3/22阪神7Rシルクブルックリン5着
3/23中山7Rアウレオーラ10着
4/6中山5Rザッツフェイマス7着
4/13阪神3Rダンスールクレール11着
4/13阪神4Rキングオブタイム5着

4/13中山7Rシルクブルックリン8着
4/13中山8Rアウレオーラ6着
4/13福島11Rサムソンズプライド12着
4/19中山7Rアウレオーラ6着
4/27阪神5Rスペシャルギフト7着

4/27東京6Rグランドサッシュ2着
5/10新潟10Rシルクブルックリン1着
5/11新潟10Rスペシャルギフト11着
5/17東京9Rグランドサッシュ8着
5/24京都3Rブリーズラプソディ13着
5/31東京2Rザッツフェイマス7着
6/1東京7Rアウレオーラ13着

6/7東京9Rサムソンズプライド1着
6/8阪神7Rキングオブタイム11着
6/15東京12Rグランドサッシュ3着
6/21東京10Rフラムドグロワール2着
6/21東京11Rサムソンズプライド7着
6/28函館3Rダンスールクレール12着
6/28東京3Rザッツフェイマス8着
6/29函館7Rアウレオーラ9着
6/29阪神8Rキングオブタイム9着
7/12函館3Rダンスールクレール15着

7/19福島6Rアンジュデトワール4着
7/20函館4Rダンスールクレール8着
7/20中京8Rスペシャルギフト14着
7/26札幌11Rサムソンズプライド11着
8/2新潟2Rアンジュデトワール10着

8/3新潟8Rグランドサッシュ5着
8/9札幌2Rダンスールクレール6着
8/9札幌2Rザッツフェイマス10着
8/16小倉3Rブリーズラプソディ15着
8/16札幌9Rスペシャルギフト6着
8/16新潟10Rシルクブルックリン16着
8/17小倉8Rキングオブタイム15着

8/23札幌4Rダンスールクレール2着
8/23札幌11Rサムソンズプライド9着
8/23新潟12Rグランドサッシュ12着

8/30札幌4Rダンスールクレール2着
8/31札幌4Rザッツフェイマス10着
9/14新潟5Rブラックバゴ2着
9/21新潟4Rアウレオーラ13着
9/27阪神4Rブリーズラプソディ14着

9/28阪神3Rダンスールクレール2着
10/4新潟6Rリファインド13着
10/13東京1Rアンジュデトワール3着
10/14京都12Rスペシャルギフト1着
10/19福島4Rアウレオーラ6着
11/2東京9Rフラムドグロワール10着

11/9福島4Rアウレオーラ1着
11/13園田7Rダンスールクレール1着
11/22東京1Rアンジュデトワール5着
11/23京都5Rスペリオルラスター2着
11/23東京8Rグランドサッシュ6着
11/25園田8Rダンスールクレール1着
11/26笠松10Rキングオブタイム2着
11/30東京3Rブラックバゴ1着
11/30東京10Rサムソンズプライド12着
12/8中山8Rアウレオーラ競争中止

12/13中京9Rグランドサッシュ1着
12/14中山10Rサムソンズプライド3着
12/20阪神12Rシルクブルックリン7着
12/21中山1Rアンジュデトワール3着
12/21阪神3Rスペリオルラスター5着
12/21阪神12Rスペシャルギフト11着
12/28中山9R(G2)ブラックバゴ3着

愛馬のレース結果2013

【全成績】7-3-8-7-3-3-1-4-25
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/12京都4Rシルクシンフォニー14着
1/13中山12Rシルクブルックリン11着
1/21中山11R(G3)フラムドグロワール10着
1/27東京12Rシルクブルックリン5着
2/2東京4Rステラコーヴァ8着
2/3中京4Rシルクシンフォニー3着
2/3東京5Rサムソンズプライド12着
2/9東京7Rトルサード13着
2/9東京9Rシルクブルックリン14着
2/23小倉6Rシルクシンフォニー9着
2/24阪神1Rアウレオーラ3着
3/3小倉5Rサムソンズプライド3着
3/10阪神11Rラトーナ15着
3/10中山3Rアウレオーラ3着
3/10中山7Rトルサード8着
3/30中山5Rサムソンズプライド1着
3/31中山3Rアウレオーラ3着
3/31中山5Rステラコーヴァ12着
4/13中山9Rサムソンズプライド1着
4/14中山2Rアウレオーラ4着
4/14福島9Rトルサード13着
4/27東京1Rアウレオーラ2着
5/4東京11R(OP)サムソンズプライド1着
5/5東京11R(G1)フラムドグロワール3着
5/11京都7Rラトーナ16着⇒引退
5/17東京1Rアウレオーラ3着
5/22園田10Rシルクシンフォニー4着
5/26東京10R(G1)フラムドグロワール10着
5/26東京10R(G1)サムソンズプライド17着
5/26東京11Rシルクブルックリン12着
6/1阪神5Rダンスールクレール4着
6/2東京6Rステラコーヴァ12着
6/9東京1Rアウレオーラ9着
6/22東京2Rアウレオーラ5着
6/30福島11Rフラムドグロワール4着
7/13福島3Rアウレオーラ2着
7/21福島2Rステラコーヴァ10着
7/28小倉7Rシルクシンフォニー1着
8/3新潟3Rアウレオーラ1着
8/11函館5Rグランドサッシュ1着
8/17小倉11Rシルクシンフォニー8着
8/24新潟12Rシルクブルックリン8着
8/25小倉2Rアイズオブラヴァー14着
8/30新潟3Rステラコーヴァ14着⇒引退
9/7阪神2Rダンスールクレール4着
9/15阪神3Rアイズオブラヴァー14着⇒引退
9/28阪神3Rダンスールクレール4着
9/30盛岡11Rシルクシンフォニー1着
10/12東京5Rザッツフェイマス6着
10/13東京7Rシルクブルックリン4着
10/14京都2Rダンスールクレール2着
10/20京都10Rシルクシンフォニー5着
10/26京都5Rブリーズラプソディ11着
11/9福島12Rシルクブルックリン3着
11/9京都4Rブリーズラプソディ11着
11/9東京3Rザッツフェイマス6着
11/17福島12Rシルクブルックリン6着
11/30阪神11Rシルクシンフォニー13着
12/8中山7Rグランドサッシュ7着
12/14中京2Rアウレオーラ12着
12/14中山11R(OP)サムソンズプライド10着

愛馬のレース結果2012

【全成績】8-4-9-5-4-2-3-5-27
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/5京都4Rシルクデイブレイク1着
1/9中山12Rシルキーフェスタ13着
1/14京都1Rシルクシンフォニー3着
1/14中山9Rシルクブルックリン8着
1/22京都12Rシルクデイブレイク3着
2/5京都3Rトルサード1着
2/5京都12Rシルクデイブレイク1着
2/12東京8Rシルキーフェスタ14着
2/18東京6Rシルクブルックリン14着
3/3阪神1Rシルクシンフォニー5着
3/3中京11Rシルクデイブレイク6着
3/10中山11Rトルサード14着
3/17阪神10Rシルクデイブレイク14着
3/31阪神1Rシルクシンフォニー1着
4/7福島6Rシルキーマーチ2着
4/14福島10Rシルクブルックリン3着
4/15阪神10Rシルクデイブレイク12着
4/29福島3Rシルキーマーチ8着
4/29福島10Rシルキーフェスタ14着
5/19東京5Rシルキーマーチ4着
5/27東京6Rシルクブルックリン4着
6/2阪神12Rシルクシンフォニー7着
6/9東京5Rフラムドグロワール1着
6/9東京6Rシルキーマーチ2着
6/9東京7Rトルサード11着
6/16函館8Rシルクブルックリン1着
6/23阪神10Rシルクデイブレイク12着
6/30福島11Rシルクデイブレイク14着
7/7福島10Rトルサード10着
7/8福島5Rサムソンズプライド9着
7/8函館12Rシルクブルックリン3着
7/22新潟7Rシルキーマーチ2着
7/22札幌7Rシルクシンフォニー7着
7/28札幌5Rラトーナ1着
7/29新潟5Rアウレオーラ18着
8/5新潟6Rシルキーマーチ3着
8/11新潟12Rシルキーフェスタ8着
8/25新潟7Rシルキーマーチ4着
9/1札幌10Rシルクブルックリン9着
9/2札幌6Rシルクシンフォニー9着
9/16中山4Rシルキーマーチ5着
9/22中山1Rサムソンズプライド8着
9/23阪神6Rシルクシンフォニー4着
9/30中山6Rトルサード9着
9/30中山9Rフラムドグロワール2着
10/6東京3Rサムソンズプライド3着
10/13東京1Rアウレオーラ10着
10/13新潟3Rシルクシンフォニー5着
10/14京都12Rシルクデイブレイク12着
10/20東京6Rトルサード11着
10/20東京9Rフラムドグロワール1着
10/21東京6Rシルキーマーチ10着
10/27京都2Rアウレオーラ8着
10/27京都10Rシルクデイブレイク10着
10/28東京2Rサムソンズプライド3着
11/4京都10Rシルクデイブレイク14着
11/4福島6Rトルサード10着
11/10福島1Rアウレオーラ5着
11/11福島12Rシルキーマーチ10着
11/18東京3Rサムソンズプライド3着
12/1中京1Rアウレオーラ12着
12/8中京4Rサムソンズプライド7着
12/9中京6Rシルクシンフォニー3着
12/15中山6Rステラコーヴァ9着
12/16中山11R(G1)フラムドグロワール4着
12/24中山12Rシルクブルックリン6着

本日の金価格(円/g)

株価&為替ボード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

電力使用状況&電気予報

検索フォーム