Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
当ブログ訪問者カウンター
プロフィール

長谷川友紀(ハセガワトモノリ)

Author:長谷川友紀(ハセガワトモノリ)
40歳で脱サラし、ハンコ屋+古本屋のハイブリッド店舗(ネット+実店舗) 長谷川枕山堂(ハセガワチンザンドウ)の代表をしています。大学では物理を学び、東京のIT企業で15年+1年勤務後、実家に帰郷。インデックス・ファンドと純金の積み立てで資産運用するクリスチャン。趣味は、アニソンを聴くこと、歌うことと一口馬主。大井の東京大賞典(地方競馬のグランプリ)制覇が夢。

長谷川枕山堂(古書店)HP
本と文化の街スーパー源氏
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
一口馬主出資馬一覧
silk1.gif
愛馬のレース予定&結果2017
【全成績】5-0-5-1-3-1-2-3-9
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/7京都12Rスペシャルギフト1着(1050)
1/8中山12Rブラックバゴ1着(1050)
1/14中京8Rダンスールクレール7着⇒引退
1/15中山12Rシルクブルックリン9着
1/28東京11R(OP)サムソンズプライド4着(360)
2/11東京12Rアルーアキャロル8着
2/18東京11R(G3)サムソンズプライド⇒中止
2/19東京10Rブラックバゴ3着(430)
3/5阪神9Rスペシャルギフト9着
3/11中山10Rグランドサッシュ8着
3/20中京10Rシルクブルックリン11着
4/8中山2Rリバーサルフィルム取消
4/8阪神10Rスペシャルギフト5着(182)
4/16福島12Rシルクブルックリン3着(380×2口)
4/30東京2Rリバーサルフィルム6着
5/6東京10R(OP)サムソンズプライド11着⇒引退
5/27京都11Rスペシャルギフト16着
6/17函館2Rリバーサルフィルム8着
6/17東京11Rグランドサッシュ5着(182)
6/17東京11Rブラックバゴ9着
7/8函館11Rブラックバゴ1着(1820)
7/22福島5Rヴェロニカグレース3着(180)
7/29新潟11Rグランドサッシュ3着(460)
8/19新潟11Rグランドサッシュ7着
8/20新潟10Rシルクブルックリン⇒中止⇒引退
9/3新潟7Rリバーサルフィルム3着(130)
9/16中山7R(S未勝利)リバーサルフィルム10着⇒引退
9/24中山11R(G2)ブラックバゴ10着
10/1中山2Rヴェロニカグレース1着(500)
10/8東京7Rアルーアキャロル1着(750)
10/9東京10Rグランドサッシュ5着(182)
【出走予定】
11/12福島11R(G3)ブラックバゴ*着
11/18阪神11Rブラックバゴ*着
11/26阪神10Rスペシャルギフト*着
愛馬のレース予定&結果2016
【全成績】3-5-3-2-6-5-6-2-10
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/9中山10Rサムソンズプライド2着
1/24中京7Rダンスールクレール5着
2/6東京9Rグランドサッシュ3着
2/7東京10Rサムソンズプライド2着
2/13東京7Rダンスールクレール5着
2/14東京5Rアルーアキャロル1着
2/21東京10Rブラックバゴ12着
3/5中山10Rブラックバゴ6着
3/6中山9Rグランドサッシュ5着
3/6中山9Rシルクブルックリン7着
3/26中京11Rシルクブルックリン7着
4/2中山10Rグランドサッシュ2着
4/23東京6Rダンスールクレール7着
4/24東京9Rブラックバゴ9着
5/7東京10Rサムソンズプライド1着
5/15東京10R(OP)アルーアキャロル2着
5/15新潟11Rシルクブルックリン6着
5/29東京8Rグランドサッシュ1着
5/29東京12R(G2)サムソンズプライド8着
6/18東京11Rグランドサッシュ5着
6/18東京12Rダンスールクレール4着
6/25東京10Rブラックバゴ6着
6/25東京10Rシルクブルックリン10着
7/9福島10Rブラックバゴ10着
8/6新潟10Rシルクブルックリン4着
8/6新潟10Rブラックバゴ11着
8/6札幌11R(OP)サムソンズプライド12着
8/20新潟11Rグランドサッシュ3着
9/3新潟10Rシルクブルックリン7着
9/4札幌11R(OP)サムソンズプライド5着
9/25中山11R(G2)サムソンズプライド10着
10/10東京9Rアルーアキャロル2着
10/22東京8Rシルクブルックリン7着
10/22京都10Rグランドサッシュ6着
11/12東京12Rスペシャルギフト6着
11/26東京6Rリバーサルフィルム5着
11/27東京6Rダンスールクレール15着
12/3中山11R(G2)サムソンズプライド7着
12/11中京9Rダンスールクレール9着
12/17阪神10Rスペシャルギフト7着
12/18中京12Rシルクブルックリン3着
12/25中山2Rリバーサルフィルム8着
12/25中山10R(G1)サムソンズプライド16着
カテゴリ
リンク
愛馬のレース結果2015
【全成績】3-4-5-12-7-5-6-2-17
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/4京都3Rキングオブタイム12着
1/4京都4Rダンスールクレール4着

1/10京都5Rスペリオルラスター5着
11/17京都10Rシルクブルックリン11着
1/18中山1Rアンジュデトワール4着
1/18中山7Rアウレオーラ4着
1/18京都7Rダンスールクレール5着
1/18中山10Rサムソンズプライド7着
1/18中山11R(G3)ブラックバゴ2着
1/24京都5Rスペリオルラスター7着
1/31東京9Rシルクブルックリン9着
2/1東京12Rグランドサッシュ3着
2/8東京7Rアウレオーラ12着
2/8小倉9Rキングオブタイム10着
2/15東京12Rグランドサッシュ10着
2/21小倉6Rアウレオーラ13着引退
2/21京都8Rキングオブタイム16着
3/1阪神12Rスペシャルギフト3着
3/7中山10Rサムソンズプライド3着
3/22阪神9Rスペシャルギフト1着
3/22中山11R(G2)ブラックバゴ6着
3/28中京11Rグランドサッシュ3着
3/29中山1Rアンジュデトワール13着
3/29中山10Rサムソンズプライド6着
5/2東京11R(G2)ブラックバゴ4着
5/9新潟3Rアンジュデトワール8着
5/9東京10Rサムソンズプライド2着
5/17新潟4Rキングオブタイム10着
5/17新潟11Rシルクブルックリン3着
5/23京都10Rスペシャルギフト4着
5/31東京8Rグランドサッシュ1着
6/6阪神10Rシルクブルックリン5着
6/27阪神11Rサムソンズプライド12着
7/11福島6Rアンジュデトワール2着
7/11函館7Rスペリオルラスター7着
7/18中京1Rキングオブタイム5着
7/26福島3Rアンジュデトワール9着
7/26函館4Rスペリオルラスター6着
7/26中京10Rスペシャルギフト10着
8/1新潟10Rシルクブルックリン6着
8/8新潟10Rグランドサッシュ9着
8/9小倉4Rキングオブタイム4着
8/16札幌2Rスペリオルラスター11着引退
8/30新潟4Rアンジュデトワール7着引退
9/5小倉4Rキングオブタイム4着
9/5新潟10Rシルクブルックリン4着
9/21阪神10Rスペシャルギフト4着
10/3中山10Rシルクブルックリン5着
10/12京都9Rスペシャルギフト7着
10/12東京10Rサムソンズプライド2着
10/24東京8Rグランドサッシュ4着
11/7東京6Rアルーアキャロル1着
11/7東京10Rサムソンズプライド4着
11/11笠松10Rキングオブタイム9着
11/14京都12Rダンスールクレール12着
11/21東京10Rグランドサッシュ7着
11/21東京10Rシルクブルックリン6着
11/29京都6Rダンスールクレール8着
12/6阪神4Rキングオブタイム4着引退
12/22中京11Rグランドサッシュ5着
12/26中山12Rサムソンズプライド5着
愛馬のレース結果2014
【全成績】10-9-7-1-5-8-8-5-38
1/5中山10Rグランドサッシュ10着
1/5中山11Rサムソンズプライド7着
1/6京都 5Rダンスールクレール15着
1/12中山7Rシルクブルックリン15着
1/12京都10Rシルクシンフォニー13着

1/13京都2Rスペシャルギフト1着
1/25中山4Rアウレオーラ8着
1/26中山5Rザッツフェイマス6着
2/1東京7Rスペシャルギフト6着

2/1東京11Rサムソンズプライド3着
2/1京都11Rシルクシンフォニー9着
2/9小倉4Rダンスールクレール11着

2/15京都2Rキングオブタイム2着
2/16小倉4Rブリーズラプソディ13着
2/16小倉7Rアウレオーラ15着
2/16小倉11Rシルクシンフォニー14着
2/22東京6Rグランドサッシュ7着
2/23京都2Rダンスールクレール取消
3/8中山8Rアウレオーラ14着
3/9中山2Rザッツフェイマス7着

3/9阪神2Rキングオブタイム3着
3/15中京11Rサムソンズプライド16着
3/22中京2Rキングオブタイム1着
3/22阪神7Rシルクブルックリン5着
3/23中山7Rアウレオーラ10着
4/6中山5Rザッツフェイマス7着
4/13阪神3Rダンスールクレール11着
4/13阪神4Rキングオブタイム5着

4/13中山7Rシルクブルックリン8着
4/13中山8Rアウレオーラ6着
4/13福島11Rサムソンズプライド12着
4/19中山7Rアウレオーラ6着
4/27阪神5Rスペシャルギフト7着

4/27東京6Rグランドサッシュ2着
5/10新潟10Rシルクブルックリン1着
5/11新潟10Rスペシャルギフト11着
5/17東京9Rグランドサッシュ8着
5/24京都3Rブリーズラプソディ13着
5/31東京2Rザッツフェイマス7着
6/1東京7Rアウレオーラ13着

6/7東京9Rサムソンズプライド1着
6/8阪神7Rキングオブタイム11着
6/15東京12Rグランドサッシュ3着
6/21東京10Rフラムドグロワール2着
6/21東京11Rサムソンズプライド7着
6/28函館3Rダンスールクレール12着
6/28東京3Rザッツフェイマス8着
6/29函館7Rアウレオーラ9着
6/29阪神8Rキングオブタイム9着
7/12函館3Rダンスールクレール15着

7/19福島6Rアンジュデトワール4着
7/20函館4Rダンスールクレール8着
7/20中京8Rスペシャルギフト14着
7/26札幌11Rサムソンズプライド11着
8/2新潟2Rアンジュデトワール10着

8/3新潟8Rグランドサッシュ5着
8/9札幌2Rダンスールクレール6着
8/9札幌2Rザッツフェイマス10着
8/16小倉3Rブリーズラプソディ15着
8/16札幌9Rスペシャルギフト6着
8/16新潟10Rシルクブルックリン16着
8/17小倉8Rキングオブタイム15着

8/23札幌4Rダンスールクレール2着
8/23札幌11Rサムソンズプライド9着
8/23新潟12Rグランドサッシュ12着

8/30札幌4Rダンスールクレール2着
8/31札幌4Rザッツフェイマス10着
9/14新潟5Rブラックバゴ2着
9/21新潟4Rアウレオーラ13着
9/27阪神4Rブリーズラプソディ14着

9/28阪神3Rダンスールクレール2着
10/4新潟6Rリファインド13着
10/13東京1Rアンジュデトワール3着
10/14京都12Rスペシャルギフト1着
10/19福島4Rアウレオーラ6着
11/2東京9Rフラムドグロワール10着

11/9福島4Rアウレオーラ1着
11/13園田7Rダンスールクレール1着
11/22東京1Rアンジュデトワール5着
11/23京都5Rスペリオルラスター2着
11/23東京8Rグランドサッシュ6着
11/25園田8Rダンスールクレール1着
11/26笠松10Rキングオブタイム2着
11/30東京3Rブラックバゴ1着
11/30東京10Rサムソンズプライド12着
12/8中山8Rアウレオーラ競争中止

12/13中京9Rグランドサッシュ1着
12/14中山10Rサムソンズプライド3着
12/20阪神12Rシルクブルックリン7着
12/21中山1Rアンジュデトワール3着
12/21阪神3Rスペリオルラスター5着
12/21阪神12Rスペシャルギフト11着
12/28中山9R(G2)ブラックバゴ3着
愛馬のレース結果2013
【全成績】7-3-8-7-3-3-1-4-25
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/12京都4Rシルクシンフォニー14着
1/13中山12Rシルクブルックリン11着
1/21中山11R(G3)フラムドグロワール10着
1/27東京12Rシルクブルックリン5着
2/2東京4Rステラコーヴァ8着
2/3中京4Rシルクシンフォニー3着
2/3東京5Rサムソンズプライド12着
2/9東京7Rトルサード13着
2/9東京9Rシルクブルックリン14着
2/23小倉6Rシルクシンフォニー9着
2/24阪神1Rアウレオーラ3着
3/3小倉5Rサムソンズプライド3着
3/10阪神11Rラトーナ15着
3/10中山3Rアウレオーラ3着
3/10中山7Rトルサード8着
3/30中山5Rサムソンズプライド1着
3/31中山3Rアウレオーラ3着
3/31中山5Rステラコーヴァ12着
4/13中山9Rサムソンズプライド1着
4/14中山2Rアウレオーラ4着
4/14福島9Rトルサード13着
4/27東京1Rアウレオーラ2着
5/4東京11R(OP)サムソンズプライド1着
5/5東京11R(G1)フラムドグロワール3着
5/11京都7Rラトーナ16着⇒引退
5/17東京1Rアウレオーラ3着
5/22園田10Rシルクシンフォニー4着
5/26東京10R(G1)フラムドグロワール10着
5/26東京10R(G1)サムソンズプライド17着
5/26東京11Rシルクブルックリン12着
6/1阪神5Rダンスールクレール4着
6/2東京6Rステラコーヴァ12着
6/9東京1Rアウレオーラ9着
6/22東京2Rアウレオーラ5着
6/30福島11Rフラムドグロワール4着
7/13福島3Rアウレオーラ2着
7/21福島2Rステラコーヴァ10着
7/28小倉7Rシルクシンフォニー1着
8/3新潟3Rアウレオーラ1着
8/11函館5Rグランドサッシュ1着
8/17小倉11Rシルクシンフォニー8着
8/24新潟12Rシルクブルックリン8着
8/25小倉2Rアイズオブラヴァー14着
8/30新潟3Rステラコーヴァ14着⇒引退
9/7阪神2Rダンスールクレール4着
9/15阪神3Rアイズオブラヴァー14着⇒引退
9/28阪神3Rダンスールクレール4着
9/30盛岡11Rシルクシンフォニー1着
10/12東京5Rザッツフェイマス6着
10/13東京7Rシルクブルックリン4着
10/14京都2Rダンスールクレール2着
10/20京都10Rシルクシンフォニー5着
10/26京都5Rブリーズラプソディ11着
11/9福島12Rシルクブルックリン3着
11/9京都4Rブリーズラプソディ11着
11/9東京3Rザッツフェイマス6着
11/17福島12Rシルクブルックリン6着
11/30阪神11Rシルクシンフォニー13着
12/8中山7Rグランドサッシュ7着
12/14中京2Rアウレオーラ12着
12/14中山11R(OP)サムソンズプライド10着
愛馬のレース結果2012
【全成績】8-4-9-5-4-2-3-5-27
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/5京都4Rシルクデイブレイク1着
1/9中山12Rシルキーフェスタ13着
1/14京都1Rシルクシンフォニー3着
1/14中山9Rシルクブルックリン8着
1/22京都12Rシルクデイブレイク3着
2/5京都3Rトルサード1着
2/5京都12Rシルクデイブレイク1着
2/12東京8Rシルキーフェスタ14着
2/18東京6Rシルクブルックリン14着
3/3阪神1Rシルクシンフォニー5着
3/3中京11Rシルクデイブレイク6着
3/10中山11Rトルサード14着
3/17阪神10Rシルクデイブレイク14着
3/31阪神1Rシルクシンフォニー1着
4/7福島6Rシルキーマーチ2着
4/14福島10Rシルクブルックリン3着
4/15阪神10Rシルクデイブレイク12着
4/29福島3Rシルキーマーチ8着
4/29福島10Rシルキーフェスタ14着
5/19東京5Rシルキーマーチ4着
5/27東京6Rシルクブルックリン4着
6/2阪神12Rシルクシンフォニー7着
6/9東京5Rフラムドグロワール1着
6/9東京6Rシルキーマーチ2着
6/9東京7Rトルサード11着
6/16函館8Rシルクブルックリン1着
6/23阪神10Rシルクデイブレイク12着
6/30福島11Rシルクデイブレイク14着
7/7福島10Rトルサード10着
7/8福島5Rサムソンズプライド9着
7/8函館12Rシルクブルックリン3着
7/22新潟7Rシルキーマーチ2着
7/22札幌7Rシルクシンフォニー7着
7/28札幌5Rラトーナ1着
7/29新潟5Rアウレオーラ18着
8/5新潟6Rシルキーマーチ3着
8/11新潟12Rシルキーフェスタ8着
8/25新潟7Rシルキーマーチ4着
9/1札幌10Rシルクブルックリン9着
9/2札幌6Rシルクシンフォニー9着
9/16中山4Rシルキーマーチ5着
9/22中山1Rサムソンズプライド8着
9/23阪神6Rシルクシンフォニー4着
9/30中山6Rトルサード9着
9/30中山9Rフラムドグロワール2着
10/6東京3Rサムソンズプライド3着
10/13東京1Rアウレオーラ10着
10/13新潟3Rシルクシンフォニー5着
10/14京都12Rシルクデイブレイク12着
10/20東京6Rトルサード11着
10/20東京9Rフラムドグロワール1着
10/21東京6Rシルキーマーチ10着
10/27京都2Rアウレオーラ8着
10/27京都10Rシルクデイブレイク10着
10/28東京2Rサムソンズプライド3着
11/4京都10Rシルクデイブレイク14着
11/4福島6Rトルサード10着
11/10福島1Rアウレオーラ5着
11/11福島12Rシルキーマーチ10着
11/18東京3Rサムソンズプライド3着
12/1中京1Rアウレオーラ12着
12/8中京4Rサムソンズプライド7着
12/9中京6Rシルクシンフォニー3着
12/15中山6Rステラコーヴァ9着
12/16中山11R(G1)フラムドグロワール4着
12/24中山12Rシルクブルックリン6着
本日の金価格(円/g)
株価&為替ボード
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報

11月4日の礼拝メッセージ~「生ける神の教会」~教会の本当の使命と敬虔の奥義とは?

2012年11月4日、峰町キリスト教会安食弘幸牧師による礼拝メッセージの要約です。

【参照する聖書の箇所】
-----------------------------------------------------------------------------------------
テモテへの手紙第一3章14節~16節
14:私は、近いうちにあなたのところに行きたいと思いながらも、この手紙を書いています。
15:それは、たとい私がおそくなった場合でも、神の家でどのように行動すべきかを、あなた
  が知っておくためです。神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱
  また土台です。
16:確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。
  「キリストは肉において現れ、
   霊において義と宣言され、
   御使いたちに見られ、
   諸国民の間に宣べ伝えられ、
   世界中で信じられ、
   栄光のうちに上げられた。」

----------------------------------------------------------------------------------------

【礼拝メッセージ要約】
----------------------------------------------------------------------------------------
ある時、世界中のいろんな国の方を乗せた豪華客船が、遭難して、急に沈み始めました。
救命ボートを降ろしている暇もありません。救命胴衣を着けて船長が叫びます。

船長:「皆さん、飛び込んで下さい!」

その時に、いろんな国の方がいらっしゃいますので、国別にメッセージを変えたんですね。
アメリカ人のグループに向かっては、こう言いました。

船長:「皆さん、飛び込んで下さい!皆さんは、ヒーローになれますよ!」

イギリス人のグループの方には、こう言いました。

船長:「皆さん、飛び込んで下さい!飛び込んだら、ジェントルマン(紳士)になれますよ!」

規則の好きなドイツの人に向かっては、こう言いました。

船長:「皆さん、飛び込んで下さい!それが、決まりになっています!」

女性の方が大好きなイタリアの人に向かっては、こう言いました。

船長:「皆さん、飛び込んで下さい!そうしたら、女性にもてますよ!」

ちょっとへそ曲がりなフランス人には、こう言いました。

船長:「皆さん、飛び込まないでください!」(笑)

じゃあ、日本人に対しては、何と言ったらいいでしょうか?

船長:「皆さん、早く飛び込んで下さい!皆さん飛び込んでらっしゃいますよ!」(笑)

まあ、韓国には熱心なクリスチャンがたくさんいるので、そういう人にはたぶん、

船長:「主は言われます!飛び込んで下さい!」

とこう言うのがいいかもしれませんね。
このように、国民性には、明らかに違いがあります。
でも、じゃあ、同じ国民だから、みんな同じかというと、そうはいきませんね。
みんな、実にユニークで個性があります。まさに、違いがあります。

昔、テレビのコマーシャルで、

「違いのわかる男の何とかコーヒー」

というのがありましたけれど、まさに教会もいろんな人々が、集まる場所だと言って
いいでしょう。これ程、違う人々が集まる場所も無いと言ってもいいかもしれません。

ですから、私たちは、違いを楽しめなかったら、ここにいることが楽しくないかも
しれませんね。

聖書の中で、「互いに愛し合いなさい」という言葉がありますが、表現を変えれば、
こういう意味だと思います。

「互いの違いを、楽しみ合いなさい。」

違うから嫌いではなくて、違うことを楽しめ、違うことを喜べということでしょう。
それが、大人、成熟した人の特徴だと思いますね。

1.教会とは何か<15節>

(1)神の家

今日の箇所で、パウロは、教会とは何か?ということについて、語っています。
14節のところで、

14節「私は、近いうちにあなたのところに行きたいと思っている。」

しかし、いろんな事情があって、テモテの所に駆けつけることができない。
だから、手紙を書いたわけですけれども、15節には、

15節「私がおそくなった場合でも、神の家でどのように行動すべきか」

を、書き送ったわけですね。パウロは、今日の15節の中で、教会とは何かについて、
教えています。

15節「神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。」

とこう書いてあります。先ずここで、教会とは「神の家」である、別の表現を使えば、
「神の家族」である。最近は、核家族化というのが進んでいますけれども、教会は、
大家族、みんな家族なんです。何でそう言えるかというと、お父さんが同じだからです。

「お父さんが、あちこちに女を作った。。。そうじゃないですよ。(笑)」

父なる神様をみんな信じている、その神様の子供だから、兄弟、姉妹。
今、ちょっと、チラッと横にいる人を見て下さい。あなたの兄弟です。
ここにいる人だけが、兄弟、姉妹じゃなくてね、今日は北海道の兄弟も来てくれました。
世界中に、兄弟、姉妹がいます。ですから、ものすごくバカでかい家族の一員です。
お父さん、みんな同じですね。すごいと思いませんか?

ですから、聖書の中にパウロが手紙を書きます。エペソの手紙、ピリピの手紙、…
等の手紙を書くときに、

「エペソにいる兄弟たちへ」
「ピリピにいる兄弟たちへ」
「コリントにいる兄弟たちへ」


「パウロって、ずいぶん兄弟が多かったなあ。。。そうじゃないですよ。」

それは、同じ神様を信じている人に向かって、

「あなたがたは、同じ天の神様を信じている兄弟ですよね。」

そういう親しい呼びかけですよね。

ある教会に行くと、お互いを呼ぶときに、名前に兄弟、姉妹を付けて呼ぶ教会
があります。例えば、田中兄弟、山下姉妹とかね。私たちの教会ではあまり、
そうしませんね。

私(安食師)が、初めて行った教会は、そういう呼び方をお互いしてたんです。
事情を知らない私は、みんなが兄弟、姉妹と呼ぶので、兄弟と姉妹で来ている
人が多いなあと思ったんです。本当はそうじゃないね。

聖書は、お互いは兄弟、姉妹だけれども、兄弟、姉妹と呼べとは言っていない
んです。皆さん、家族の中で、兄弟、姉妹って呼びます?
~兄弟って、お兄ちゃんのこと呼びます?呼ばないですよね。大体呼び捨てで
すよね。何とか兄弟とか、何とか姉妹と呼ぶと、なんとなく距離を感じるでしょ。
だから、私たちの教会では、出来るだけ下の名前で呼ぶようにしていますよね。

それは、兄弟、家族だからです。私たちは、大きな神様の家族である。
じゃあ、リーダーは誰?お父さんは誰?もちろん、お父さんは、牧師じゃないよね。
天のお父様が、家族のリーダー、ボス、親分です。
じゃあ、その天のお父様にとって、私たち家族が何をするのが、一番大きな喜びだ
と思いますか?

熱心に礼拝すること。もちろん、それも喜びでしょう。
一生懸命奉仕をすること。伝道すること。何時間も断食して祈ること。
それも、もちろん、天のお父様にとっての喜びだと思いますね。
でも、聖書にハッキリ、天のお父様が最も喜ばれることが書いてあるんです。

それは、イエス様ご自身が教えてくださいました。
マタイの山上の垂訓、5章なんですが、こう書いてあります。

マタイの福音書5章23節~24節
「だから、祭壇の上に供え物をささげようとしているとき、もし兄弟に恨まれている
ことをそこで思い出したなら、供え物はそこに、祭壇の前に置いたままにして、出て
行って、まず兄弟と仲直りをしなさい。それから、来て、その供え物をささげなさい。」


ここでイエス様がおっしゃったのは、礼拝をすること、賛美をすること、祈りを捧げる
こともすばらしいけれども、ちょっと待て。あなたは、自分の愛する兄弟姉妹と何か、
わだかまりを持っていませんか?仲良くやっていますか?愛し合っていますか?
もし何か、関係のまずい人がいたら、先ずその人と和解して来なさい。
それから、私を礼拝しなさい。

つまり、天のお父様いとっての最大の喜びは、私たち家族の全員が、お互いに愛し合い、
助け合い、支え合っている、そういう姿を見ることこそ、天のお父様にとっての最大
の喜びだということです。

これは、一つの家族を考えてもそうですね。この中にも、お父さん、お母さん、
いらっしゃると思います。お子さんを何人かお持ちの方、子供、一人一人を見るとね、
本当に優秀、我が子とは思えない。頭もいい、品行方正、もう自慢の息子、娘。でも、
その息子、娘どおしが、いつも、いさかいをしている。顔を合わせると罵り合いをする。
心から憎み合っている。そんな姿を親は見たいでしょうか?

逆に、まあ、もう一つネジが2、3本抜けているなという子供でも、兄弟がいつも、
励まし合い、助け合い、支え合っている。そういう姿を見ることは、親にとって大きな
喜びですね。

天のお父様も同じなんです。

私たちがどんな素晴らしい礼拝を捧げるかよりも、私たちがどんなにお互いに愛し合っ
ているか、その姿こそが、天のお父様にとっての最大の喜びだということです。
私たちは、大きな家族であり、教会は、大きな家族だ。

詩篇の133篇にこんな言葉があります。

詩篇133篇1節~3節
「見よ。兄弟たちが一つになってともに住むことは、なんというしあわせ、なんという
楽しさであろう。それは頭の上にそそがれた尊い油のようだ。それはひげに、アロンの
ひげに流れて その衣のえりにまで流れしたたる。それはまたシオンの山々におりる
ヘルモンの露にも似ている。主がそこに、とこしえのいのちの祝福を命じられたからで
ある。」


先ず、教会とは、それは、神の大きな家族である。私たちは、兄弟であり、姉妹である
ということです。

(2)生ける神の教会

2つ目に、その教会という言葉自体が説明してあります。
新約聖書が初めて書かれたのは、ギリシャ語という言葉です。そのギリシャ語で教会と
いう言葉は、「エクレシア」という言葉です。

エクレアじゃないですよ。ちょっと違います。

このエクレシアというのは、「呼び出された人の集まり」という意味です。
つまり、天のお父様が、世界中の全ての人々に向かって、

「皆さ~ん、私の元に集まってくださ~い。」

と呼びかけたんです。そして、皆さんは、その声を聞いて、ここに集まって来たんです。
それぞれの地域、教会に集まって来た。それは、神様の御声を聞いて呼び出された人の
集まりを教会と言うんです。普通は、建物を差して教会とかね。あるいは、集会を差し
て、教会に行くという言葉を使いますが、正確に言えば、教会というのは、

「神様の御声を聞いて、神様の元に集まった人々の集まり」

これが、教会です。今日は、こういう建物の中で礼拝していますけれども、仮に、
今、私たちが野原に座って礼拝しているとします。そうしたら、それが教会なんです。
神様の御言葉を聞いて集まった人々の群れを教会といいます。

私たちが互いに愛し合うこと、それも、神様の大きな喜びですが、私たちを呼び出して
くださった神様ご自身と私たちの関係も大切ですね。
神様は、絶えず、私たちに御声をかけて、私たちを導いて下さる。
イエス・キリストが、ある時、

マタイの福音書4章4節:
「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」


とおっしゃいました。意味はね、私たちは、肉体の食べ物だけで生きているのでは
無いよ。私たちの心や魂を養わなければならない。そこも豊かでなければ、本当に
生きているのではないとおっしゃったんです。

そして、私たちの魂を養うものは何かというと、神様の言葉なんです。

だから、私たちは、私たちを呼び出してくださった天のお父様の声、言葉をいつも
聞く必要があります。皆さんは聞いていますか?聞いてらっしゃいますか?その声を。
神様の声を聞くために一つの良い方法は、私たちが神様に質問することです。
どんな質問をしたらいいか?今日のメッセージのプリントにその質問の内容を5つ
書いておきました。1番目の質問は、

Q1「お父さん、あなたは私をどう思っておられるのでしょうか?」

さあ、皆さん、自分の天のお父様にそう質問して見て下さい。

「う~ん、まずまずかなあ。」
そうですか?それは、神様の声じゃないです。


神様は、今日一人一人にこうおっしゃっています。

イザヤ書43章4節:
「私の目にあなたは高価で尊い私はあなたを愛している。」


信じられますか?神様は、皆さんに

「あなたは私の宝物だよ!もうあなたを心から愛しているよ!」

そうおっしゃっているんです。
もし、そう聞こえないならば、あなたは、神様の声を聞いていないんです。
2番目の質問は、

Q2「お父さん、あなたは今日、私を用いて何がしたいのでしょうか?」

どうか、御心のままに私を使ってください。
3番目の質問は、

Q3「お父さん、今日は、誰にどんな言葉であなたの素晴らしさをお伝えしたら
   よいのでしょうか?」


あなたの言葉を必要としている人が、今日お会いする人の中にいるはずです。
どうか、その人に、本当に私に言葉を語らせて下さい。
4番目の質問は、

Q4「お父さん、私の中にあなたを悲しませていることはないでしょうか?」

もし、あれば教えて下さい。改めますから。
5番目の質問は、

Q5「お父さん、今日、神の家族の仲間に、どのように愛を示したらよいのでしょうか?」

誰かに手紙を書く必要がありますか?誰かに励ましの電話をかける必要があるでしょうか?
誰かのために祝福を祈ってあげる必要があるでしょうか?
そう、聴くんです。

こういう時間を毎朝、神様と2人だけで持つことを、クリスチャン用語で、デボーション
といいます。デボーションというのは、献身という意味なんですけれども。
朝、時間をとって、捧げて、神様と2人きりで、聖書を読みながら、質問をし、その答え
を待つという、こういう時間をデボーションの時間といいますね。

ま、時々、寝坊ションになりますけれども。(笑)

こういう時間を朝に持つと、その日一日、私たちはずーっと神様との会話の時間を持つ事
ができるのです。そして、その一日が豊かな一日になって行くんです。
ですから、そういう習慣がない方は、是非、お勧めしたいと思います。

お互いに愛し合うこと、それも、神様の喜びですが、いつも、

「神様、あなたは私に何をして欲しいんですか?あなたの御心は何ですか?教えて下さい。」

そういう、神様との太い絆を結んでいく、これも、私たちにとって大切なことです。
なぜなら、教会、私たちは、そのお方に呼び出されて、ここに集まっているんです。
呼んだってことは、用事があるってことでしょう。皆さんも、誰かを呼ぶときは用事が
あるからでしょう。

「お母さーん、お父さーん」

って呼ぶでしょう。時々、用事が無くても呼ぶときがあります。名前を呼んでみてね、

「何~」

って言ったら、

「ただ、呼んでみたかっただけ~」

なんてね。新婚時代のホンの一瞬だけあります。(笑)

でも、普通は、呼ぶ時は、用事があるからでしょう。
神様が私たちを呼んで、私たちがその声を聴いてここに集められた。
それは、神様があなたを通して、この世界に何かがしたいからなんですね。
だから、どうぞ、聴いて下さい。

(3)真理の柱また土台

3番目に、教会とは「真理の柱また土台」だとパウロは言いました。
どういう意味でしょうか?
教会は、イエス・キリストの真理をしっかりと支える土台です。
ですから、私たちは、先ず、はっきりと正しい福音を信じなければならない。
それが、土台になります。

この時のテモテが牧師をしていたエペソの教会は、様々な異端的な教えが教会に
入り込んでいて、教会が混乱していたんですね。それに対してパウロは、

「まず、あなた方は、しっかりとした土台を築きなさい。」
「正しい福音を土台としなさい。」


こう教えているんです。
教会は、そのイエス・キリストの福音をしっかりと土台として守る、そういう役割が
あるんだ。じゃあ、この柱というのはどういう意味か?
土台というのは、私たちが信じていることです。
しっかりとした土台の上に信仰を築きます。

また柱であるとこう言っていますね。このパウロが柱という表現をした時には、ある
ことを考えていたんです。それはね、当時のエペソの街には、アルテミスという神様
の大きな神殿があったんです。

アルテミスは、女性の神様ですけれども、ものすごく立派な神殿があって、その神殿
には127本の大理石の立派な柱が立っていたんです。ですから、その大理石の柱に
朝日や夕日があたると、黄金色に輝いたそうです。遠くから見ると、そこに黄金の塊
がある様に見えた。これは、古代の世界の建造物の七不思議のひとつに数えられる程
の美しい神殿だった。

その1本1本の柱が黄金で飾られていたり、宝石で飾られていたり、柱を見るだけで
人々が感動した。そんな美しい建物だったんですね。
パウロは、そのことを考えながら、

「エペソの人々よ、あなた方は、その神の柱だよ。」

とこう言ったんですね。

「信じていることは土台です。でも、私たちが信じることで、どう生きているかは、
それは、あなた方の柱です。みんなは、あなた方を見ているんです。」


とこう言ったんですね。
一般的に、土台というのは、見えませんね。隠れているから。
例えば、皆さんが新築の家に招かれて、

「家、建てたから見に来て。」

と言われて、見にいくでしょう。すると、一応褒めないといけないわけでしょう。
どこを褒めます?玄関入ったら

「広い玄関ですねえ。上がり易い玄関ですねえ」

とか、

「壁が素敵な色ですえ。家具や間取り、台所もいいですえ。」

とこんな風に褒めます。
でも、先ず、人が褒めない場所があるんです。

「う~ん、いい土台ですねえ、いい仕事してますねえ。」

土台は褒めませんね。一つは、見えないからです。
でも、家にとって土台こそ大切ですね。
だから、私たちの信仰生活には、正しい福音という土台が必要です。
でも、その土台の上に、私たち一人一人が、クリスチャンとしての証し、真理の柱
を立てていくんです。あのアルテミス神殿の柱の1本1本が、人々に感動を与えた
様に、その教会のクリスチャン1人1人、皆さんが柱なんです。
人々はあなたを見て感動するでしょうか?

以前、この教会に1人のご婦人の方がお見えになったんです。
どうして、来られたかというと、その方は個人的に大きな問題に直面していた。
その方は、

「自分の力で解決できない問題なんか無い!」

というガンバリ屋さんな方でしたが、どうしても、自分の力では、解決できない問題
にぶつかったんです。その時、その人はこう思ったそうです。

「信仰がある人は強い。だから自分も信仰を持ちたい。」

ちょうど、その時に、彼女の職場にある新興宗教を信じている方と教会に行っている
クリスチャンの方がいました。で、そういう彼女を見て、

クリスチャンの人:
「うちの教会にいらっしゃいません?」

新興宗教の人:
「うちの団体にいらっしゃいません?」

と誘われたそうです。まさか、二股かけるわけにはいかないので、どちらかにしたい。
その方は、しばらく、2人の人(クリスチャンと信仰宗教信じている人)を観察したん
です。

「どちらが幸せそうに生きているかなあ。」

その結果、その方は、教会にいらっしゃったんです。良かったね~、そのクリスチャン。
いい証しをしたんでしょうね。これが、向こう(新興宗教)にいっちゃたら大変だもんねえ。
だから、その人は、本当に立派な柱になったんです。

「あの人見てて、あの人は幸せそうだ。あの人が信じているモノと関係があるとすれば、
あの人が信じているものを信じたい。」


だから、教会にいらっしゃったんですね。
実は、皆さんも、毎日皆さんの周りの人から見られているんですよ。
気が付かないかもしれないけど。大丈夫ですか?

あなたがその人に

「教会に行きませんか?」

って言ったら、ちゃんと来てくださるでしょうかねえ。
私たちは、柱として立てられている。何を信じているかは、人々には見えない。
でも、どう生きているかは、毎日人の目に明らかである。

「教会は、一人一人が立派な柱であるべきだ。」

これが、パウロの願いですね。

2.敬虔の奥義とは何か<16節>

そして、この16節は何かといいますと、当時のクリスチャンが信じていた信仰告白
の一部だと思われます。そして、彼らは、この文章に当時のメロディをつけて歌って
いた讃美歌の一節だと考えられています。彼らは、何を信じていたのか?

(1)キリストは肉において現れ

ということを信じていた。これは、どういうことかと言いますと、最初のクリスマス
の時に神の独り子イエス・キリストがこの世界にやって来られた。そして、私たちと
同じ人間の姿で、この肉体を持ってやってこられたということを信じていたのです。
当時の最大の異端的な教えはグノーシス主義で、彼らの教えは、霊的な物は良いモノ、
物質は悪いモノ、だから神が、人になるはずがない。という考え方だった。

「地上を歩かれたイエス様は、本当の人ではなく影、幻だった。」

とこういう風に教えた。それに対して、初代教会の人は、そうではない。神は本当に
人となってこの世界にやってこられたんだ。そして、私たちの罪のためにその肉体を
十字架上に捧げてくださったんだ。これが、初代教会が信じていたことです。

(2)霊において義と宣言され

これはキリストの復活を意味しています。聖霊によって甦り、本当にキリストが神様で
あったことを証明された。

(3)御使いたちに見られ

単に、キリストの存在を人々に注目されただけでなく、御使いたちもイエス様に仕えた、
注目したんだ。事実、イエス様の生涯で、例えば荒野の誘惑とか、ゲッセマネの祈りの
時に、御使いたちが現れてイエス様に仕えています。

(4)諸国民の間に宣べ伝えられ

イエス・キリストの福音は、ユダヤ人一つの国民の物ではない。それは、すべてのあら
ゆる国の人々に述べ伝えられるべきものである。ということです。

(5)世界中で信じられ

120名ばかりで始まったイエス・キリストの福音が、パウロの時代にはローマ帝国中
に広まっていた。このように福音の広がりを意味する。

(6)栄光のうちに上げられた

これは、キリストの昇天を意味しています。キリストはよみがえって、その後、天に
帰って行かれたんです。キリストが天に帰って行かれれることによって、もう一人の
助け主である聖霊がこの世界にやって来られた。そして、イエス様は天で、私たちの
ためにとりなしをしておられるんだ。新しい時代の始まりを意味する言葉です。

そして、パウロは、これらの内容を「確かに偉大なこと」とそこで表現しています。
聖書の欄外を見ると「一致した意見」ですと書かれています。つまり、これが、初代
教会の人々が信じていた信仰のエッセンスだということです。

パウロはここで、苦労している若いテモテに、このイエス・キリストの福音と、教会
に与えられている使命をもう一度思い起こさせることによって、力づけているのです。

さあ、ちょっと想像してみましょう。20年後、あなたは何歳ですか?まだこの地上
にいるでしょうか?何人かの方は、たぶんいないと思います。
では、50年後、あなたは何歳ですか?ほとんどの人はいなくなると思います。
まだしつこい人はいるかもしれませんが。でも、100年後どうでしょうか?
100年後、あなたは何歳ですか?たぶん、この地上にはいません。

では何処にいるんですか?お墓の中ですか?

「♪わたしの~お墓の前で~♪」

そこには、いないいんですよ。どこにいるんですか?もちろん皆さんは天国です。
天国ってどんなところだと思いますか?言葉に表すことのできない。

天国は、感動と興奮の連続です。皆さん天国に行ったら旧約聖書に出てくる人に
全部会えますよ。誰に会いたいですか?ノアさんにも会えますよ。

「大変だったですね。ノアの洪水の時。大丈夫だったですか?心配しましたよ。」

モーセにも会うことができます。

「大変だったでしょう。あの文句ばっかり言う奴を連れて歩くのはねえ。」

ヨシュアにも会えます。ダビデにも、旧約聖書の預言者たちにも会うことができ
ます。男性が特に会いたい人知ってます。エステルさん。美人コンテストで優勝
した人ですからね。どんなにきれいだったか。信仰の女性ルツさんにも会うこと
ができます。もう、スターの追っかけの様にして、皆さんはそういう聖徒たちを
追いかけると思います。

新約聖書の人々にも会えますよ。パウロやヨハネやペテロやイエス様のお母さん
マリアさんにも、マグダラのマリアさんにも会えますよ。何が聞きたいですか?
そして、既に先に天に帰った皆さんの愛する家族にも会うことが出来ます。
たぶん、最初の百万年くらいは、色々な人を追っかけながら過ごすと思います。
次の百万年は、天国の美しさに心を奪われて感動すると思います。

天国には、皆さんのための家があるとおっしゃたんです。最後の晩餐の席で。
イエス様は

「あなた方のために、住まいを用意します。そして、住まいが出来たら迎えにくる。」

とおっしゃいました。住まいという言葉は、英語の聖書でマンションと書いて
あります。皆さんマンションというのは、豪邸という意味です。
2LDKは、決してマンションとは言いません。(笑)
海外の人は、日本の住宅事情が悪いことを知っているんですね。
ある表現を使うと、ウサギ小屋に日本人は住んでいると。
そういう日本人が、団体でアメリカとかに行くと、アメリカの方は

「マンションに住んでいます。」

と言います。部屋が何十室もあって、プールはもちろんあります。
テニスコートも付いています。下手をするとゴルフコースも付いています。
アメリカのビバリーヒルズにハリウッドスターの豪邸が並んでいますけれども、
そういうのをマンションって言うんです。

でも、イエス様は、私たちのためにマンションを用意してくれている。
皆さんは、イエス様が用意してくれたマンションを見ながら、興奮すると
思います。今、住宅事情が悪くても心配しなくてもいいです。

そして、何よりもすばらしい瞬間は、イエス様ご自身と出会う時だと思います。
天使のラッパの声、御使いたちの大歓声の中にイエス様が現れて、そして、
あなたを迎えてくれるのです。イエス様の両手には傷跡があります。あなた
のための傷跡です。そして、あなたを歓迎してくれて、抱きかかえて、

「よく来たね。待っていましたよ。」

天国では、感動が終わることは無いんです。
賛美歌の一節にこういう言葉があります。

「天の御国に帰りつくその日には、大いなる喜びの日となるでしょう。
イエス様の御姿を仰ぎ見て、勝利の歌を声の限りに歌うでしょう。」


しかし、こんなすばらしい天国ですが、天国で絶対目にすることのできない
光景もあります。天国において賛美も礼拝も奉仕もあります。
でも天国で無いのは、

罪人がイエス様を信じて、悔い改めて、涙を流して救われる姿です。

洗礼式も天国ではないんです。その美しい場面は、この地上でしか見ること
はできないんです。


教会の使命というものは、たくさんありますけれども、その中でも最も偉大
な指名は何かというと、人々がイエス・キリストの元に来るのを手伝うと
いうことです。これは、この地上でしか、私たちは出来ないんです。


でも、誰かにイエス様の福音を伝え、その人が罪を悔い改めて信じ、悔い改
めの美しい涙を流す場面は、天国には無い。この地上でしか見られない。
このキリストの教会が地上に置かれている理由はここにあるのです。
私たちの全ての働きは、そこに向かって集中すべきだと思います。
私たちは、もちろん、それをチームワークで行います。
一人一人が、個人プレーではなくて、チームプレーで行うのです。

先月、ここでチャペルコンサートがありました。婦人会主催です。
チャペルコンサートのチラシを作りました。3人にの人の写真が載っています。
歌を歌う下村先生、ピアニストの岡田先生、下の所に小っちゃく私(安食師)
の写真が載っていたんです。でも、3人でそのチャペルコンサートをやった
んですか?もちろん違います。その背後にこの教会の婦人会の総力を結集して、
壮年会や青年会も少し手伝っていただいて、出来たんです。

案内を作る、プログラムを作る、どうやったら、限られた予算の中で、美しい
ものを作るのか、苦労されたと思います。前の日にテーブルのセッティング
もしました。お食事の用意もあります。毎回、美味しい食事を用意して下さる
方があります。当日も駐車場係等の奉仕もありました。受付もありました。
会場係もいました。照明はどうか、エアコンはどうか、PAの係の人もいました。
いろんな人たちが総力を結集して、最後に3人が出てきて行うんです。

アンケートを見ました。今日イエス様を信じたいという人もいました。
それは、誰がその事をしたんですか?みんなです。まさにチームプレイですね。
来月12月は、文化会館でジョイフルクリスマスがあります。今度は、2000
人の方がいらっしゃいます。どうか、その大きな働きのチームの一翼を
皆さんにも担っていただきたいのです。ある部分が必ず必要です。あなたが、
必要とされる場所が必ずあるのです。

この街に住んでいる人々にイエス・キリストの福音を伝えたいんです。
皆さんの力が必要です。一緒に頑張りたいと思います。それが、ここに教会
がある理由だからです。私たちは神の家族であり、また神様に呼び出された
者の集まりです。そのことを覚えながら進んで行きたいと思います。

パウロは、この敬虔の奥義をもって、テモテを励ましています。
私たちも神様の言葉に励まされながら、歩んで行きたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------
以上、要約でした。

C

omment


検索フォーム