Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
当ブログ訪問者カウンター
プロフィール

長谷川友紀(ハセガワトモノリ)

Author:長谷川友紀(ハセガワトモノリ)
40歳で脱サラし、ハンコ屋+古本屋のハイブリッド店舗(ネット+実店舗) 長谷川枕山堂(ハセガワチンザンドウ)の代表をしています。大学では物理を学び、東京のIT企業で15年+1年勤務後、実家に帰郷。インデックス・ファンドと純金の積み立てで資産運用するクリスチャン。趣味は、アニソンを聴くこと、歌うことと一口馬主。大井の東京大賞典(地方競馬のグランプリ)制覇が夢。

長谷川枕山堂(古書店)HP
本と文化の街スーパー源氏
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
一口馬主出資馬一覧
silk1.gif
愛馬のレース予定&結果2017
【全成績】5-0-5-1-3-1-2-3-9
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/7京都12Rスペシャルギフト1着(1050)
1/8中山12Rブラックバゴ1着(1050)
1/14中京8Rダンスールクレール7着⇒引退
1/15中山12Rシルクブルックリン9着
1/28東京11R(OP)サムソンズプライド4着(360)
2/11東京12Rアルーアキャロル8着
2/18東京11R(G3)サムソンズプライド⇒中止
2/19東京10Rブラックバゴ3着(430)
3/5阪神9Rスペシャルギフト9着
3/11中山10Rグランドサッシュ8着
3/20中京10Rシルクブルックリン11着
4/8中山2Rリバーサルフィルム取消
4/8阪神10Rスペシャルギフト5着(182)
4/16福島12Rシルクブルックリン3着(380×2口)
4/30東京2Rリバーサルフィルム6着
5/6東京10R(OP)サムソンズプライド11着⇒引退
5/27京都11Rスペシャルギフト16着
6/17函館2Rリバーサルフィルム8着
6/17東京11Rグランドサッシュ5着(182)
6/17東京11Rブラックバゴ9着
7/8函館11Rブラックバゴ1着(1820)
7/22福島5Rヴェロニカグレース3着(180)
7/29新潟11Rグランドサッシュ3着(460)
8/19新潟11Rグランドサッシュ7着
8/20新潟10Rシルクブルックリン⇒中止⇒引退
9/3新潟7Rリバーサルフィルム3着(130)
9/16中山7R(S未勝利)リバーサルフィルム10着⇒引退
9/24中山11R(G2)ブラックバゴ10着
10/1中山2Rヴェロニカグレース1着(500)
10/8東京7Rアルーアキャロル1着(750)
10/9東京10Rグランドサッシュ5着(182)
【出走予定】
11/4東京10Rグランドサッシュ*着
11/12福島11R(G3)ブラックバゴ*着
11/18阪神11Rブラックバゴ*着
11/26阪神10Rスペシャルギフト*着
愛馬のレース予定&結果2016
【全成績】3-5-3-2-6-5-6-2-10
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/9中山10Rサムソンズプライド2着
1/24中京7Rダンスールクレール5着
2/6東京9Rグランドサッシュ3着
2/7東京10Rサムソンズプライド2着
2/13東京7Rダンスールクレール5着
2/14東京5Rアルーアキャロル1着
2/21東京10Rブラックバゴ12着
3/5中山10Rブラックバゴ6着
3/6中山9Rグランドサッシュ5着
3/6中山9Rシルクブルックリン7着
3/26中京11Rシルクブルックリン7着
4/2中山10Rグランドサッシュ2着
4/23東京6Rダンスールクレール7着
4/24東京9Rブラックバゴ9着
5/7東京10Rサムソンズプライド1着
5/15東京10R(OP)アルーアキャロル2着
5/15新潟11Rシルクブルックリン6着
5/29東京8Rグランドサッシュ1着
5/29東京12R(G2)サムソンズプライド8着
6/18東京11Rグランドサッシュ5着
6/18東京12Rダンスールクレール4着
6/25東京10Rブラックバゴ6着
6/25東京10Rシルクブルックリン10着
7/9福島10Rブラックバゴ10着
8/6新潟10Rシルクブルックリン4着
8/6新潟10Rブラックバゴ11着
8/6札幌11R(OP)サムソンズプライド12着
8/20新潟11Rグランドサッシュ3着
9/3新潟10Rシルクブルックリン7着
9/4札幌11R(OP)サムソンズプライド5着
9/25中山11R(G2)サムソンズプライド10着
10/10東京9Rアルーアキャロル2着
10/22東京8Rシルクブルックリン7着
10/22京都10Rグランドサッシュ6着
11/12東京12Rスペシャルギフト6着
11/26東京6Rリバーサルフィルム5着
11/27東京6Rダンスールクレール15着
12/3中山11R(G2)サムソンズプライド7着
12/11中京9Rダンスールクレール9着
12/17阪神10Rスペシャルギフト7着
12/18中京12Rシルクブルックリン3着
12/25中山2Rリバーサルフィルム8着
12/25中山10R(G1)サムソンズプライド16着
カテゴリ
リンク
愛馬のレース結果2015
【全成績】3-4-5-12-7-5-6-2-17
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/4京都3Rキングオブタイム12着
1/4京都4Rダンスールクレール4着

1/10京都5Rスペリオルラスター5着
11/17京都10Rシルクブルックリン11着
1/18中山1Rアンジュデトワール4着
1/18中山7Rアウレオーラ4着
1/18京都7Rダンスールクレール5着
1/18中山10Rサムソンズプライド7着
1/18中山11R(G3)ブラックバゴ2着
1/24京都5Rスペリオルラスター7着
1/31東京9Rシルクブルックリン9着
2/1東京12Rグランドサッシュ3着
2/8東京7Rアウレオーラ12着
2/8小倉9Rキングオブタイム10着
2/15東京12Rグランドサッシュ10着
2/21小倉6Rアウレオーラ13着引退
2/21京都8Rキングオブタイム16着
3/1阪神12Rスペシャルギフト3着
3/7中山10Rサムソンズプライド3着
3/22阪神9Rスペシャルギフト1着
3/22中山11R(G2)ブラックバゴ6着
3/28中京11Rグランドサッシュ3着
3/29中山1Rアンジュデトワール13着
3/29中山10Rサムソンズプライド6着
5/2東京11R(G2)ブラックバゴ4着
5/9新潟3Rアンジュデトワール8着
5/9東京10Rサムソンズプライド2着
5/17新潟4Rキングオブタイム10着
5/17新潟11Rシルクブルックリン3着
5/23京都10Rスペシャルギフト4着
5/31東京8Rグランドサッシュ1着
6/6阪神10Rシルクブルックリン5着
6/27阪神11Rサムソンズプライド12着
7/11福島6Rアンジュデトワール2着
7/11函館7Rスペリオルラスター7着
7/18中京1Rキングオブタイム5着
7/26福島3Rアンジュデトワール9着
7/26函館4Rスペリオルラスター6着
7/26中京10Rスペシャルギフト10着
8/1新潟10Rシルクブルックリン6着
8/8新潟10Rグランドサッシュ9着
8/9小倉4Rキングオブタイム4着
8/16札幌2Rスペリオルラスター11着引退
8/30新潟4Rアンジュデトワール7着引退
9/5小倉4Rキングオブタイム4着
9/5新潟10Rシルクブルックリン4着
9/21阪神10Rスペシャルギフト4着
10/3中山10Rシルクブルックリン5着
10/12京都9Rスペシャルギフト7着
10/12東京10Rサムソンズプライド2着
10/24東京8Rグランドサッシュ4着
11/7東京6Rアルーアキャロル1着
11/7東京10Rサムソンズプライド4着
11/11笠松10Rキングオブタイム9着
11/14京都12Rダンスールクレール12着
11/21東京10Rグランドサッシュ7着
11/21東京10Rシルクブルックリン6着
11/29京都6Rダンスールクレール8着
12/6阪神4Rキングオブタイム4着引退
12/22中京11Rグランドサッシュ5着
12/26中山12Rサムソンズプライド5着
愛馬のレース結果2014
【全成績】10-9-7-1-5-8-8-5-38
1/5中山10Rグランドサッシュ10着
1/5中山11Rサムソンズプライド7着
1/6京都 5Rダンスールクレール15着
1/12中山7Rシルクブルックリン15着
1/12京都10Rシルクシンフォニー13着

1/13京都2Rスペシャルギフト1着
1/25中山4Rアウレオーラ8着
1/26中山5Rザッツフェイマス6着
2/1東京7Rスペシャルギフト6着

2/1東京11Rサムソンズプライド3着
2/1京都11Rシルクシンフォニー9着
2/9小倉4Rダンスールクレール11着

2/15京都2Rキングオブタイム2着
2/16小倉4Rブリーズラプソディ13着
2/16小倉7Rアウレオーラ15着
2/16小倉11Rシルクシンフォニー14着
2/22東京6Rグランドサッシュ7着
2/23京都2Rダンスールクレール取消
3/8中山8Rアウレオーラ14着
3/9中山2Rザッツフェイマス7着

3/9阪神2Rキングオブタイム3着
3/15中京11Rサムソンズプライド16着
3/22中京2Rキングオブタイム1着
3/22阪神7Rシルクブルックリン5着
3/23中山7Rアウレオーラ10着
4/6中山5Rザッツフェイマス7着
4/13阪神3Rダンスールクレール11着
4/13阪神4Rキングオブタイム5着

4/13中山7Rシルクブルックリン8着
4/13中山8Rアウレオーラ6着
4/13福島11Rサムソンズプライド12着
4/19中山7Rアウレオーラ6着
4/27阪神5Rスペシャルギフト7着

4/27東京6Rグランドサッシュ2着
5/10新潟10Rシルクブルックリン1着
5/11新潟10Rスペシャルギフト11着
5/17東京9Rグランドサッシュ8着
5/24京都3Rブリーズラプソディ13着
5/31東京2Rザッツフェイマス7着
6/1東京7Rアウレオーラ13着

6/7東京9Rサムソンズプライド1着
6/8阪神7Rキングオブタイム11着
6/15東京12Rグランドサッシュ3着
6/21東京10Rフラムドグロワール2着
6/21東京11Rサムソンズプライド7着
6/28函館3Rダンスールクレール12着
6/28東京3Rザッツフェイマス8着
6/29函館7Rアウレオーラ9着
6/29阪神8Rキングオブタイム9着
7/12函館3Rダンスールクレール15着

7/19福島6Rアンジュデトワール4着
7/20函館4Rダンスールクレール8着
7/20中京8Rスペシャルギフト14着
7/26札幌11Rサムソンズプライド11着
8/2新潟2Rアンジュデトワール10着

8/3新潟8Rグランドサッシュ5着
8/9札幌2Rダンスールクレール6着
8/9札幌2Rザッツフェイマス10着
8/16小倉3Rブリーズラプソディ15着
8/16札幌9Rスペシャルギフト6着
8/16新潟10Rシルクブルックリン16着
8/17小倉8Rキングオブタイム15着

8/23札幌4Rダンスールクレール2着
8/23札幌11Rサムソンズプライド9着
8/23新潟12Rグランドサッシュ12着

8/30札幌4Rダンスールクレール2着
8/31札幌4Rザッツフェイマス10着
9/14新潟5Rブラックバゴ2着
9/21新潟4Rアウレオーラ13着
9/27阪神4Rブリーズラプソディ14着

9/28阪神3Rダンスールクレール2着
10/4新潟6Rリファインド13着
10/13東京1Rアンジュデトワール3着
10/14京都12Rスペシャルギフト1着
10/19福島4Rアウレオーラ6着
11/2東京9Rフラムドグロワール10着

11/9福島4Rアウレオーラ1着
11/13園田7Rダンスールクレール1着
11/22東京1Rアンジュデトワール5着
11/23京都5Rスペリオルラスター2着
11/23東京8Rグランドサッシュ6着
11/25園田8Rダンスールクレール1着
11/26笠松10Rキングオブタイム2着
11/30東京3Rブラックバゴ1着
11/30東京10Rサムソンズプライド12着
12/8中山8Rアウレオーラ競争中止

12/13中京9Rグランドサッシュ1着
12/14中山10Rサムソンズプライド3着
12/20阪神12Rシルクブルックリン7着
12/21中山1Rアンジュデトワール3着
12/21阪神3Rスペリオルラスター5着
12/21阪神12Rスペシャルギフト11着
12/28中山9R(G2)ブラックバゴ3着
愛馬のレース結果2013
【全成績】7-3-8-7-3-3-1-4-25
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/12京都4Rシルクシンフォニー14着
1/13中山12Rシルクブルックリン11着
1/21中山11R(G3)フラムドグロワール10着
1/27東京12Rシルクブルックリン5着
2/2東京4Rステラコーヴァ8着
2/3中京4Rシルクシンフォニー3着
2/3東京5Rサムソンズプライド12着
2/9東京7Rトルサード13着
2/9東京9Rシルクブルックリン14着
2/23小倉6Rシルクシンフォニー9着
2/24阪神1Rアウレオーラ3着
3/3小倉5Rサムソンズプライド3着
3/10阪神11Rラトーナ15着
3/10中山3Rアウレオーラ3着
3/10中山7Rトルサード8着
3/30中山5Rサムソンズプライド1着
3/31中山3Rアウレオーラ3着
3/31中山5Rステラコーヴァ12着
4/13中山9Rサムソンズプライド1着
4/14中山2Rアウレオーラ4着
4/14福島9Rトルサード13着
4/27東京1Rアウレオーラ2着
5/4東京11R(OP)サムソンズプライド1着
5/5東京11R(G1)フラムドグロワール3着
5/11京都7Rラトーナ16着⇒引退
5/17東京1Rアウレオーラ3着
5/22園田10Rシルクシンフォニー4着
5/26東京10R(G1)フラムドグロワール10着
5/26東京10R(G1)サムソンズプライド17着
5/26東京11Rシルクブルックリン12着
6/1阪神5Rダンスールクレール4着
6/2東京6Rステラコーヴァ12着
6/9東京1Rアウレオーラ9着
6/22東京2Rアウレオーラ5着
6/30福島11Rフラムドグロワール4着
7/13福島3Rアウレオーラ2着
7/21福島2Rステラコーヴァ10着
7/28小倉7Rシルクシンフォニー1着
8/3新潟3Rアウレオーラ1着
8/11函館5Rグランドサッシュ1着
8/17小倉11Rシルクシンフォニー8着
8/24新潟12Rシルクブルックリン8着
8/25小倉2Rアイズオブラヴァー14着
8/30新潟3Rステラコーヴァ14着⇒引退
9/7阪神2Rダンスールクレール4着
9/15阪神3Rアイズオブラヴァー14着⇒引退
9/28阪神3Rダンスールクレール4着
9/30盛岡11Rシルクシンフォニー1着
10/12東京5Rザッツフェイマス6着
10/13東京7Rシルクブルックリン4着
10/14京都2Rダンスールクレール2着
10/20京都10Rシルクシンフォニー5着
10/26京都5Rブリーズラプソディ11着
11/9福島12Rシルクブルックリン3着
11/9京都4Rブリーズラプソディ11着
11/9東京3Rザッツフェイマス6着
11/17福島12Rシルクブルックリン6着
11/30阪神11Rシルクシンフォニー13着
12/8中山7Rグランドサッシュ7着
12/14中京2Rアウレオーラ12着
12/14中山11R(OP)サムソンズプライド10着
愛馬のレース結果2012
【全成績】8-4-9-5-4-2-3-5-27
1着
2着
3着
4着
5着
6着以下
【レース結果】
1/5京都4Rシルクデイブレイク1着
1/9中山12Rシルキーフェスタ13着
1/14京都1Rシルクシンフォニー3着
1/14中山9Rシルクブルックリン8着
1/22京都12Rシルクデイブレイク3着
2/5京都3Rトルサード1着
2/5京都12Rシルクデイブレイク1着
2/12東京8Rシルキーフェスタ14着
2/18東京6Rシルクブルックリン14着
3/3阪神1Rシルクシンフォニー5着
3/3中京11Rシルクデイブレイク6着
3/10中山11Rトルサード14着
3/17阪神10Rシルクデイブレイク14着
3/31阪神1Rシルクシンフォニー1着
4/7福島6Rシルキーマーチ2着
4/14福島10Rシルクブルックリン3着
4/15阪神10Rシルクデイブレイク12着
4/29福島3Rシルキーマーチ8着
4/29福島10Rシルキーフェスタ14着
5/19東京5Rシルキーマーチ4着
5/27東京6Rシルクブルックリン4着
6/2阪神12Rシルクシンフォニー7着
6/9東京5Rフラムドグロワール1着
6/9東京6Rシルキーマーチ2着
6/9東京7Rトルサード11着
6/16函館8Rシルクブルックリン1着
6/23阪神10Rシルクデイブレイク12着
6/30福島11Rシルクデイブレイク14着
7/7福島10Rトルサード10着
7/8福島5Rサムソンズプライド9着
7/8函館12Rシルクブルックリン3着
7/22新潟7Rシルキーマーチ2着
7/22札幌7Rシルクシンフォニー7着
7/28札幌5Rラトーナ1着
7/29新潟5Rアウレオーラ18着
8/5新潟6Rシルキーマーチ3着
8/11新潟12Rシルキーフェスタ8着
8/25新潟7Rシルキーマーチ4着
9/1札幌10Rシルクブルックリン9着
9/2札幌6Rシルクシンフォニー9着
9/16中山4Rシルキーマーチ5着
9/22中山1Rサムソンズプライド8着
9/23阪神6Rシルクシンフォニー4着
9/30中山6Rトルサード9着
9/30中山9Rフラムドグロワール2着
10/6東京3Rサムソンズプライド3着
10/13東京1Rアウレオーラ10着
10/13新潟3Rシルクシンフォニー5着
10/14京都12Rシルクデイブレイク12着
10/20東京6Rトルサード11着
10/20東京9Rフラムドグロワール1着
10/21東京6Rシルキーマーチ10着
10/27京都2Rアウレオーラ8着
10/27京都10Rシルクデイブレイク10着
10/28東京2Rサムソンズプライド3着
11/4京都10Rシルクデイブレイク14着
11/4福島6Rトルサード10着
11/10福島1Rアウレオーラ5着
11/11福島12Rシルキーマーチ10着
11/18東京3Rサムソンズプライド3着
12/1中京1Rアウレオーラ12着
12/8中京4Rサムソンズプライド7着
12/9中京6Rシルクシンフォニー3着
12/15中山6Rステラコーヴァ9着
12/16中山11R(G1)フラムドグロワール4着
12/24中山12Rシルクブルックリン6着
本日の金価格(円/g)
株価&為替ボード
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
電力使用状況&電気予報

2013年2月10日の礼拝メッセージ~「パウロの勧告」~いのちの御霊の法則に乗る方法

2013年2月10日、峰町キリスト教会安食弘幸牧師による礼拝メッセージの要約です。

【参照する聖書の箇所】
----------------------------------------------------------------------------------------
テモテへの手紙第二1章13章~18章
13:あなたは、キリスト・イエスにある信仰と愛をもって、私から聞いた健全なことばを手本にしなさい。
14:そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。
15:あなたの知っているとおり、アジヤにいる人々はみな、私を離れて行きました。その中には、フゲロ
  とヘルモゲネがいます。
16:オネシポロの家族を主があわれんでくださるように。彼はたびたび私を元気づけてくれ、また私が鎖
  につながれていることを恥とも思わず、
17:ローマに着いたときには、熱心に私を捜して見つけ出してくれたのです。
18:-かの日には、主があわれみを彼に示してくださいますように-彼がエペソで、どれほど私に仕えて
  くれたかは、あなたが一番よく知っています。

----------------------------------------------------------------------------------------
【礼拝メッセージ要約】
----------------------------------------------------------------------------------------
あるお家に、夜中に強盗が侵入しました。
で、その家のご夫婦を縛り上げたんですね。
強盗は、ナイフを差し出して、奥さんにこう言ったんです。

強盗「お前を殺す前に、名前くらい聞いておいてやろう。名前は何だ?」

奥さん、ブルブル震えながら、

奥様「は、は、花子です。」

とこう言ったんですね。すると強盗は、

強盗「花子か、俺のお袋と同じ名前だな、お袋と同じ名前の奴は殺せねえ。命だけは助けてやる。」

とこう言ったんですね。次、今度は、ご主人の所に行って、ナイフを突きつけて、

強盗「お前の名前は何だ!」

ご主人は、震えながら、

ご主人「こ、こ、戸籍上は、良夫ですが、いつもは、花子と呼ばれています。」(笑)

ご主人も助かりたい一心だったんでしょうね。(笑)キーワードは、花子ですからね。
えー、皆さん、この世界で一番大切な名前は何か、ご存じですか?

それは、イエス・キリストという名前です。

1.神の健全なことばを守りなさい

聖書の中に、

使徒の働き4章12節
「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、
私たちが救われるべき名は人に与えられていなかからです。」

私たちの罪を赦して下さる方の名前、唯一の名前は、イエス・キリストです。

私たちを神の子とし、この地上の人生が終わったら、天国に私たちを導いて下さる
唯一のお方の名前は、それは、イエス・キリストです。それ以外は無い。
これが、聖書の主張ですね。

しかし、もちろん、この聖書の主張に対して反論する人もいるでしょう。

「それは、おかしい。」と、「他にも救いはあるはずだ。」と。

そういう主張に対するこの戦い、これが、キリスト教の2000年の歴史の中でいつも、
起こってきたことです。そして、聖書を読むと、もうそういう戦いは、1世紀、パウロ
の時代に始まっていたということが、解かります。

今日の箇所は、パウロの勧告ですが、この中に既にそのことが指摘されているわけですね。

13節「あなたは、キリスト・イエスにある信仰と愛をもって、私から聞いた健全なことば
    を手本にしなさい。」


そして14節には、

14節「そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。」

ここで、「ゆだねられたもの」というのは、「健全なことば」のことですね。
そして、それは、イエス・キリストの恵みの福音。これをしっかりと守りなさい。
一歩も譲ってはならない。それを曲げてもならない。こうパウロはテモテに向かって言って
いるわけですね。

このパウロやテモテ、一世紀の教会の指導者達も、異教や、異端的な教えとの戦いを絶えず
しなければならなかったことが解かります。

今日でも、ある人達は、こうおっしゃいますね。皆さんもどこかでお聞きになったことがある
と思いますが、世の中には、いろんな宗教があると。でも、突き詰めていくと、みんな同じこと
を言っている。

「同じ真理なんだ。」

という言い方です。そして、あの歌。

「分け登る麓の道は多けれど 同じ高嶺の月を見るかな」

というやつです。つまり山があって、その頂上に登る道はいろいろあると。
裏道みあるし、表道もある、右も左もあっちこっちもあると。
でも、最終的には、みんな同じ山の頂上に出て、同じ月、つまり同じ真理に至るんだ。

ちょっと見ると違うけど、良く調べると結局、同じなんだ。こういう言い方です。

でも、突き詰めて考えなくても、ちょっと見ただけで違うことは、すぐ解かります。

例えば、イスラム教徒は、

「イエス・キリストは、十字架につけられていない。」

と言います。でも、聖書は、

「イエス・キリストは、確かに十字架につけられ、私たちの罪のために死んで下さった。」

とこう言います。どちらかが正しくて、どちらかが間違っています。そこに共通点は、
ありません。ユダヤ教は、

「イエスは、メシアでは無い。」

とこう言います。でも、聖書は、

「イエスは、救い主である。」

とこう言います。相反する主張、どこに共通点を見出すことができるのでしょうか?
全く違っています。どちらかが間違っているはずです。

仏教では、何度も輪廻(りんね)を繰り返し、そして、涅槃(ねはん)という、即ち
救いの状況に入るわけですね。
何度も、何度も、生まれ変わって死に、生まれ変わって死に、なんと547回、それ
が必要だと。女性は、女性のままでは、救われない。どこかで男性に生まれ変わらな
ければならないんです。


でも、聖書は、

「人生は一度だけ。一度の死と永遠の神との交わりがある。」

と言います。どこに、共通点があるでしょうか?
ヒューマニズム、つまり、人間中心的な考え方は、命の創造主なる神を認めません。

進化論です。


でも、聖書は、はっきりと

「私たちに命を与えた創造主なる神がいる。」

と言っています。どこに共通点があるでしょうか?
ヒンドゥー教は、人格の無い多数の神々を信じています。しかし、聖書は、

「愛と恵みとあわれみに満ちた唯一の神」

を私たちに教えてくれます。どこにも共通点はありません。

占い師は、水晶玉を見ます。
私たちは、聖書を見ます。

どこに共通点があるでしょうか?
クリスチャンで、

「主よ導きたまえ。」

と言って、水晶玉を見てる人がいるでしょうか?そんなクリスチャン見たことも無いです。

多くの宗教は、自分の努力、修行、善行、徳を積まなければ、神の祝福の領域に入れないと
教えます。
でも聖書は、

「イエス・キリストを信じるその信仰だけで神の祝福の世界に入る事ができる。」

と言います。どこにも共通点はありません。どれもこれも、こんなに違うのに、どうして、
結局全ての宗教は同じ真理に至ると言えるのでしょうか?
よっぽど、宗教のことを知らない人しか、そんなデタラメな主張はできないと思います。

イエス・キリストは、ハッキリこうおっしゃられました。

ヨハネの福音書14章6節
「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを
通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」


パウロは、こういう異教との戦いだけではなく、キリスト教律法主義との闘いもしなければ
なりませんでした。

キリスト教律法主義とは、イエス・キリストを信じていても、信じているだけでは駄目。
律法も守らなければ救われないんだという主張ですね。
これは、形を変えて現在の教会にも押し寄せてくる間違いです。

あるクリスチャンは、こう思っているんですね。

「クリスチャンは、聖書を一生懸命読んで、そこに書いてあることを守らなければならない。
でなければ、神の祝福に与れない。」


もしかしたら、皆さんの中にも、そういう風に思っている方がいるかもしれないですね。

「クリスチャンは、聖書を読んで、そこに書かれていることどおりに生きられる、そういう人
でなければならない。」


でも、その道のりは、絶望しか待っていません。どんなに頑張っても、それは無理だからです。
パウロは、

「イエス・キリストを信じた人は、律法と関係がなくなった。」

とこう言います。

ローマ人への手紙7章4節
「私の兄弟たちよ。それと同じように、あなたがたも、キリストのからだによって、律法に対しては
死んでいるのです。」


死んでいるという事は、

「関係がもう無くなったんですよ。」

という意味です。
聖書には、たくさんの良い素晴らしい教えがあります。でも、私たちは、もうそれとは無関係の
生き方をすることが出来る。そういう者なんだ。とパウロは言います。

イエス・キリストを信じた人は、イエス・キリストが私たちの中に来てくださったんです。
律法以上の方が、私たちの中に、今おられるんだから、外から律法にあれこれ言われる筋合いは
ないんだ。

「私たちの内におられるキリストの御声に従って生きなさい。」

それが、パウロが教えるキリスト者の歩みです。

私たちが、信仰が生ぬるくなってしまうのは、行いが足りないからではなくて、イエス様との
関係が、どんどん、どんどん希薄なものになっていく。そこにトラブルが生じるということです。

イエス様の愛を十分に受け、その愛で生かされている。そして他の人々にイエス様の愛を持って
その愛を持って分け与えていく。そういうイエス様と親密な関係がある時には、結果的に聖書が
言っていることを私たちは成就しているんだ。

決して、聖書に言われたからするのではない。私の内におられるイエス様が、その聖書が教える
ことを結果的に成就されていくんだ。だから、私たちにとっては、律法ではなくて、イエス様こそ
大切な存在なんだ。これが、パウロの教えということなんですね。

パウロは、罪に対する正しい対処の仕方をローマ人への手紙の8章2節でこう言っています。

ローマ人への手紙8章2節
「なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを
解放したからです。」


原理とか言うと、途端に難しく感じるんでけれども、つまり、私たちには、常に二つの法則が
働きかけているんだ。どっちの法則に乗って生きるか?

罪と死の原理ではなくて、いのちの御霊の原理、法則に従え。

そうすれば、クリスチャンとして勝利を持って歩むことができる。というわけですね。

これを分かり易く説明しますとね、自然界には、万有引力の法則というモノが働いています。
そして、私たちは、その法則から逃れることはできません。例えば、コップを手に持って、離せば、
下に落ちます。別にコップが下の方が好きだからじゃないんです。そういう引力が働いてい
るからです。ですから、例えば、私が皆さんにこういう風に報告しますね。

「ある時、断崖絶壁の下に立って、上を見上げたら、一人の人が断崖絶壁の端っこに、立って
いたんです。顔は、真っ青で、恐怖と戦っているのが、ありありと見えます。しかし、彼は
やがて、意を決した様にジャンプしました。」


という話をしたらですね、たぶん、いろんな質問をすると思います。

「その人は、自殺したんですか?」
「その人は、助かったんですか?」
「生きてるんですか?死んでるんですか?」


まあ、そういう質問ですね。でも、こういう質問は、絶対しないと思います。

「その人は、飛んで、下に行ったんですか?上に行ったんですか?」

下に決まっているんです。断崖絶壁から、ジャンプすれば、それは、引力の法則が働いている
からです。でも、皆さん、私がそれを見たとき、その人は落ちなかったんです。

何でか?というと、

ハングライダーを使っていたんです。(笑)

ハングライダーで遊んでいたんです。でも、やっぱり意を決してね、ジャンプするわけです。
すると、空高く舞うことができます。でも、彼には、引力の法則は働いていないんでしょうか?
いや、働いているんですが、その時は、彼は別の法則の方が勝っていたんです。
揚力の法則の方が勝っていたので、彼は空を飛ぶことができたんです。

皆さんもハングライダーで飛んだ人見たことあるでしょう?
たまに、鬼怒川の方に行きますと飛んでいる人がいますね。で、ある時、私が通りかかったん
です。そしてら、ずーっと見てるおじさんがいたんでね、

安食師「良く飛んでますね。」

オジさん「うーん、飛んでないと落ちるからね。」

とそう言っていました。で、

安食師「オジさん、ずっと見てるの?どのくらい見てるんですか・」

って聞いたら、

オジさん「うーん、1時間半ぐらいだ~」(笑)

何て言ってね、面白いオジさんでしたよ。

「オジさん、座布団一枚!」って感じですよね。

あの瞬間はずーっと引力の法則に逆らって飛んでいるわけです。別の法則が勝っているんです。
でも、ハングライダーに乗っている人が、もう、ずい分、俺も空を飛べる様になった、と。
この辺で自力で飛んでみたいと。手を放します。一生懸命もがきますが、でも彼は引力の法則に
乗っかってしまって、真っ直ぐ落ちます。

パウロは、その二つの例えを使いながら、霊的な世界にも二つの法則が働いている、と。

いつも、私たちは、罪と死の法則の中にいるんだと。だから、私たちを罪の方向に誘おう、
誘おうとする力がいつも働くんだ。でも、私たちがイエス・キリストに信頼し、イエス様を
見上げる瞬間に別の法則、命の御霊の法則が、私たちを支配し、ちょうど、ハングライダーの
様に空を飛ぶことができる。霊的な世界を羽ばたくことができる。
私たちは、そちらの方にいつも自分の意識を向けて置きなさい。これが、パウロが教えている
ことですね。

ですからパウロがここで、13節で、健全な言葉と言ったのは、イエス・キリストにのみ信頼して
歩むことです。そして、それは、聖霊の助けによらなければ出来ないことです。ですから14節で
彼はこう言っていますね。

14節「そして、あなたにゆだねられた良いものを、私たちのうちに宿る聖霊によって、守りなさい。」

これが、先ず、パウロの最初の勧告の内容です。

2.神のあわれみを示しなさい

二つ目の勧告はですね、あわれみを他の人々に示しなさいということです。
15節から18節を見ますと、パウロの周囲に2種類の人々がいたことがわかります。
一つは、「パウロを失望させた人々」もう一種類は「パウロを慰めた人々」です。

既にお話しした様に、パウロは、この手紙を今、ローマの獄中で書いています。
信仰の故に、当時のローマ皇帝ネロの命によって捕えられ、獄中に投げ込まれ、そして、
この手紙を書き終えて、一年以内に、彼は、首をはねられて殉教しています。

まさに危機的な状況の中に彼は置かれているわけですね。ところが、パウロが捕まったという知らせ
を聞いて、パウロから身を引いた人々がいたんです。15節に

15節「アジヤにいる人々はみな、私を離れて行きました。」

このアジヤというのはですね、今の中国とかインドの様なアジアではなくて、当時の小アジア
と呼ばれる所、今のトルコのあたりです。パウロがローマに伝道していると聞いたので、パウロ
の仲間たちがですね、

「パウロさんを助けよう!」

とローマまで来てくれたんです。ところが、パウロが捕まって、牢獄に投げ込まれたら、

「もう関わりたくない。。。」

パウロの仲間だと思われると、自分達も捕まって、殺される可能性がある。
それで、こういう人たちは、パウロから、どんどん、離れて行ってしまったんです。
その代表的な人が、そこに名前が出てますね。

15節「フゲロとヘルモゲネ」

という人ですね。まあ、この二人、可哀そうですね。自分達の名前が、パウロを裏切った人
物として、世界中で有名になっちゃいました。

でも、パウロを慰めた人もいます。16節に

16節「オネシポロ」

という人ですね。彼は、パウロが捕まった後も、何度も何度も、獄中を訪ねてくれて、経済
的にも、信仰的にもパウロを励ましてくれた人ですね。パウロは、オネシポロとその家族の
ために祈っていますね。16節、18節に

16節「オネシポロの家族を主があわれんでくださるように。」
18節「かの日には、主があわれみを彼に示してくださいますように」


「神様、あのオネシポロとその家族が、私を支えてくれたんです。どうか、神様、あなたの
祝福が彼と彼の家族にあります様に。」


そして、今だけじゃなくて、かの日、つまり最後の審判の時、どうぞ、その事を覚えていて、
彼に正当な報いを与えて下さい。とこう祈っているわけですね。イエス・キリストも、

マタイの福音書5章7節
「あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるから。」


ですとおっしゃいました。福音書の山上の垂訓の中ですね。
私たちが他の人にあわれみをかけてあげる時に、それは、神の前にきちんと覚えられていて、
この世にあっても神のあわれみ、祝福を受けることができるし、また、最後の裁きの時にも
神様、それを覚えて下さっていて、私たちに豊かな報酬を与えて下さる。そう約束されて
います。

◆ヨセフ・トランペルドール(イスラエル建国の英雄のひとり)の物語

ユダヤ人の建国の英雄の一人ですが、ヨセフ・トランペルドールという人がいます。
日本人で彼の名前を知っている人は、ほとんどいません。でも、ユダヤ人で彼の名前を知ら
ない人はほとんどいないと言ってもいいです。





彼は、どういう人かと言うと、1948年に第二次世界大戦が終わった後に、イスラエル
共和国が今の所に出来たわけですけれども、まだその国が無い時代です。1900年代の初め、
彼は当時ユダヤ人でしたが、ロシアに住んでいました。ユダヤ系ロシア人でした。
やがて、日本とロシアの間で戦争が始まりました。いわゆる日露戦争です。

彼は、ロシア軍の兵士でした。特に将校でした。で、日本軍と戦っている内に、捕まって日本
の捕虜になったんです。当時日本のあちこちに捕虜収容所があったんですが、彼は大阪の捕虜
収容所に送られました。一般的に当時は、捕虜になると、本当に悲惨な生活が待っていたわけ
ですね。だから捕虜になりたくない一心で一生懸命戦うわけですけれども、彼も捕虜になった時、
もう生きて帰れないと死を覚悟して日本に来たそうです。

でも、日本での、大阪での収容所生活は、彼が想像もしなかった様な快適な生活だったんです。
収容所が、海の側にあり、海の素晴らしい景色を見ることが出来るし、その収容所内にパン工場
があり、毎日、新鮮なパン、野菜、肉が捕虜たちに提供されていました。当時は、電気が日本の
一般家庭には、普及していない時代だったのに、収容所の中は電気が来ていました。彼らには、
かなり自由が与えられていたんです。

ある時、彼が、収容所の所長にお願いをしたそうです。それは、若いロシアの兵士達が捕虜とし
て来ているわけですよね。で、彼らに教育を施したいので、学校を作りたい。そして、彼は、
許可を得て、若い兵士たちに数学とか、歴史とか、地理とかそういう物を教える学校を開くこと
を許可された。

また、捕虜たちは、それぞれの宗教に分けられて収容されていたんですね。彼は、ユダヤ人だった
ので、500人くらいのユダヤ教のグループに入っていたんですね。ある時、過ぎ越しの祭りを
収容所の中で祝いたいと所長にそのことを願い出ると、当時、横浜にあったユダヤ人のコミュニティ
と連絡をとってくれて、そこから、過ぎ越しのパンを焼くかまどを取り寄せてくれた。収容所の中
で、捕虜たちが、過ぎ越しのパンを焼いて祭りをすることも出来た。信じられない様な自由があった
わけですね。

当時、松山にも収容所があって、そこには道後温泉という有名な温泉がありましたが、囚人たちは
自由に温泉に入れることが出来た。だから、本当に待遇が良かったんですね。そういううわさが、
ロシア軍の戦争で戦っている中に流れていった。

「日本軍に捕まった捕虜たちは、何かいい暮らしをしているらしい。」

だから、戦場でロシアの兵士は、日本軍とぶつかると、ロシア兵はすぐに戦うのを止めて、捕虜に
なりたがったそうです。すぐ、日本軍を見ると手を上げてね、

「マツヤマー!マツヤマー!」

と言ったそうです。戦争で戦うより、ずっといい待遇なわけですから。彼らは労働をしたが、ちゃんと
賃金をもらったんですよ。当時のお金で彼の様なリーダーは、一月3円、兵士でも50銭というちゃん
と賃金を貰ったんです。捕虜として、戦争が終わって帰る時は、そのお金を持って帰ることが出来た。
ですから、信じられない様な捕虜生活を日本で送ったんですね。

彼は、こう考えたんですね。

「日本というのは、何という文明国なんだ。敵の捕虜に対してさえこれほどの親切を示してくれるとは
この国は、一体どうなっているのか?日本人は、皆、勤勉で規律正しい、愛国心が強く、互いのために
私欲を捨てて公のために生きている。こんな国に今のロシアが勝てるはずがない。」


と思ったそうです。彼はやがて、戦争が終わってロシアに帰りますけれども、彼の一つの願いはですね、
今、世界中のいろんな国でユダヤ人が迫害されている。我々ユダヤ人が迫害されない自分達の国を作り
たい。こういう願いを持つ人々のことをシオニストという。シオン、つまりエルサレムに帰って、かつ
てアブラハムの子孫が住んでいたあの場所に自分達の国を造りたい。1900年代初めですから、まだ
国が無いわけですね。

そして、彼は、そのリーダーの一人として、戦後、世界各地を駆け回って祖国建設のために尽力するわけ
です。そして、1913年にオーストリアのウイーンで「世界シオニスト会議」が開かれて、建国の骨子
を相談した時もリーダーの一人として出席しています。そして、ユダヤ人達が、パレスチナに集まって
来るんですね。そして、そこで、アラブ人たちとの軋轢も起こりますけれども、彼もパレスチナに移住
しています。1920年にガリラヤにいた時にアラブの武装勢力に襲撃されて、彼は撃たれるんです。
そして、彼は亡くなるんですが、その最期の一言は、ヘブライ語で言ったんですけれども、

「俺にかまうな。国のために死ぬほど名誉なことはない。」

こう言って息を引き取ったそうです。
この「国のために死ぬほど名誉なことはない。」という言葉は、彼が日本の捕虜だった時、日本の
兵士たちが、しばしば口にしていた言葉だったんですね。

「ああ、こんな風に国のために生きていく。我々もそうありたい!」

そういう願いを日本兵から学んだというんですね。今、トランペルドールさんの記念館がイスラエル
にあるが、そこに彼の遺品とか手紙や文章が残っていますけれども、その中でこう自筆で書いてある。

「新しく生まれるユダヤ国家は、日本的な国家となるべきである。」

とこう書いてあるんですね。彼の言葉ですよ。新しくユダヤ人国家を作る時は、日本人が持っている
あのスピリット。ああいう国に我々はしたいのだ。どこの日本のことかと思いますが・・・
まさに19世紀の日本人は、世界の人々が驚愕を抱くような、精神的文化を形成していたのです。
ですから、イスラエルの建国精神の中には日本の精神も生かされているというわけですね。
日本とイスラエルは、地理的にも遠いですけれども、何か、精神的な霊的なつながりがある二つの国
の様ですね。私もクリスチャンになってから、イスラエルを愛する気持ちが与えられる様になりました。
そのことは、講壇の後ろに飾られていイスラエルと日本の国旗を見ればわかりますが。

明治時代のクリスチャンで内村鑑三という人がいます。



彼は、

「私は2つのJを愛する」

と言ったんです。一つはJesusのJもう一つは、JapanのJです。
でも、私たちは、3つのJを愛すべきです。それはユダヤ人のJ(Jews)です。

神様は、自分の国と、イエス様と、ユダヤ人を愛することを喜ばれる。これは全てのクリスチャンに
与えられている使命だと思いますね。

パウロはここで、

「オネシポロにあわれみをかけてくれてありがとう。神様があなたに豊かなあわれみを返して
くださるように。」


と祈っていますが、私たちが、特にイスラエルの人々、アブラハムの子孫にあわれみを時かける時、
神様は、いっそうの豊かな祝福をくださると聖書は約束しています。かつてアブラハムにこうおっ
しゃいましたね。

「あなたを祝福する者を、私は祝福する。」

私たちが、誰かに施すあわれみは、決して主の前に忘れられることはない。しっかり神様はそれを
覚えていて、やがてかの日に私たちに豊かに報いてくださるのです。

「テモテよ。その事を忘れるな。」

これがパウロの二つ目の勧告ですね。

このパウロの言葉は、今日も私たちに大切なメッセージを伝えてくれていると思います。

イエス・キリストを信じるだけで救われる。これは、この2000年の間、教会が命を懸けて
守ってきた真理です。イエス・キリストだけが、私たちの救い主であり、私の人生を導く方で
あり、私たちの人生を祝福する方であり、やがて、地上の人生が終わったら、天で私たちを、
迎えてくれる唯一のお方です。

「私を通してでなければ、誰も父の元に来ることはない。」

とおっしゃいました。私たちは、この救いに預かっていることを感謝します。
ですから、私たちの心が益々、イエス様に引き付けられます様に。私たちの思いがイエス様で
溢れます様に。その様な者として、成長させて下さい。そして、頂いたこの恵みと愛を他の人々
にお渡しできる様な、祝福の基として、あわれみの基として、私たちを成長させて下さい。
今週も、どうぞ、主よ。一人でも多くの方々に神様のあわれみを与えることのできる心豊かな
者として、私たちを生かしてくださる様にお願いします。
-------------------------------------------------------------------------------------
以上、要約でした。

C

omment


検索フォーム