「第7回シルク応援隊杯POG」2014年7月1日時点結果~ブライトエンブレム新馬勝利1番乗り!

さて、先週の宝塚記念は、天皇賞(春)で7着に負けていたゴールドシップが、横山典弘騎手が
3週連続で栗東に乗りに来た効果もあって、復活勝利!これで、宝塚記念は、3年連続で、
ステイゴールド×メジロマックイーン配合の馬が勝利となりましたね。

2012年 オルフェーヴル(天皇賞11着→宝塚記念1着)

olfevle6.jpg

2013年 ゴールドシップ(天皇賞5着→宝塚記念1着)
2014年 ゴールドシップ(天皇賞7着→宝塚記念1着)


goldship6.jpg

フラムドグロワールや、グランドサッシュでお世話になっている横山典弘騎手×スペシャルギフトと
スペリオルラスターでお世話になっている須貝厩舎コンビで乗りに乗るお2人による勝利ですし、
稍重に近い馬場も、この配合馬に見方しましたね。3年連続で同じパターン(天皇賞惨敗、宝塚で復活)で、

「2度ある事は3度有る」

でしたね。ウインバリアシオンは、馬場のせいか、有馬の時の様な3~4コーナー捲りが出来ません
でしたね・・・。復帰後、休みなく好走してましたので、疲れもあったのかもしれませんね。
先週は、出資馬4頭出走してくれましたが、

1)ダンスールクレール…12着(良馬場 0.7秒差) 
 去勢明け、初出走も、パドックで少々入れ込み気味。今回も、レース前にかなり体力消耗して
 しまった模様。ただ、中段から、最後も切れる脚ではないものの、粘ってはいたので、次走連闘
 も検討。タイム差は、着順程ではないので、叩いた次走に期待。

2)ザッツフェイマス…8着(稍重 2.2秒差)
 芝スタートで踏ん張りが効かず出遅れてしまい、中段追走。直線も、バテずに伸びていますが、
 スタートの出遅れがいたかった。この馬もグランドサッシュ同様、ダートスタートで逃げ・先行させ
 た方がいいかも?6-6-6-7-7-7-8着と来たので、次も8着か?今だに適性が見いだせず。

3)アウレオーラ…9着(良馬場 4.3秒差)
 久しぶりの芝小頭数大外で、3番手追走も、3~4コーナーでペースが速くなると、付いていけず。
 外からこられたので、やる気を無くした可能性も。やはり、洋芝でも芝のスピードレースは厳しそう。
 勝っている新潟ダートか、障害も検討?タイムオーバーはギリギリ回避。
 レースは、同じシルク馬で、ぷーさんさん出資馬のディープストーリーが快勝!

10-51deepstory6.jpg

4)キングオブタイム…9着(重馬場 1.5秒差)
 大外枠で、無理せず5番手追走。道中もかからず、3~4コーナーで押し上げ、4コーナーをいい
 手応えで回るが、直線に入るともう一つ伸びず。重馬場でペースも早かったので、差し馬有利の
 馬場でこの馬なりには頑張りました。短期放牧で、小倉のダート1700mか1400mへ。

さて、シルク応援隊杯POGの方は、ブライトエンブレムが稍重馬場の府中で、ほぼ最後方から、
ハープスターの様な後方一気を決めて、新馬戦勝利!シルクHC2歳馬として、初勝利となりました。
この勢いで、他のシルク2歳馬も頑張って欲しいですね。

brightembrem6.jpg
母ブラックエンブレムは、秋華賞馬でミスプロの3×4なので、ローブティサージュと共通点あり。
配合は、異系交配で、昨年、兄テスタメントにザッツフェイマスが負けた時と同じ様な勝ち方でしたね。
田辺騎手が、大外の馬場のいい所を上手く追い込んでの勝利となりました。一旦北海道に放牧らしい
ので、洋芝の札幌2歳S狙いかもしれませんね。

出資者のまっきーさん始め、多数のシルク会員の方が、ポイントGETされました。
silkpog20140630.jpg
↑今週も、自分は、ポイントならず。最後方追走です。

土曜の時点では、まっきーさん単独首位かと思いましたが、日曜阪神芝1600m新馬戦を
須貝厩舎×横山典弘騎手騎乗のハーツクライ産駒、ベルラップが勝利!ブライトエンブレム
とW指名のふじさんとルーワッタさんが1位-2位となりました。

bellrap6.jpg
グランドサッシュに似たHalo強調型のハーツクライ産駒。さすが、ハーツクライマスター須貝師&
横山騎手という感じですね。同じ須貝厩舎のハーツ産駒スペリオルラスターも、横山騎手乗って
くれないかなあ。(^^

それ以外の勝ち馬としては、2年連続でダービーを制したノースヒルズのティルナノーグが、日曜
の阪神芝1800mを勝利。ワンアンドオンリーを昨年指名された2人ちどりさん菊姫さんが今年も
ぬかりなく指名しています。来年のノースヒルズのダービー3連覇達成が掛かる1頭です。

tilnanoge6.jpg
ローブデソワ等で成功している母父Gone West。母の母父は、キズナと同じSecretariatです。

さて、2歳出資馬に動きがありました。先ず、ブラックバゴが、6月27日(金)に斎藤誠厩舎に入厩
しました。既に時計も出している様です。

blackbago6.jpg

また、ゲート試験合格後、天栄で乗りこまれていたアンジュデトワールが、今週の検疫で
帰厩。7月19日(土)6Rの芝1200m牝馬限定戦で、デビューする予定になりました。

angedetoire6.jpg

同日5R芝1800mにポニー級さんのノルマンディーの愛馬ルグランパントルがデビュー予定
だそうなので、2頭とも勝てるといいですね。

legranpantre6.jpg
マツリダゴッホ産駒にしては、Halo強調で、シンプルな配合。母の母にHyperion系の強いトニービン
ノーザンテーストなので、SS系とは相性がいいですね。Bold Ruler5×6からダートもこなせそう。

今週は、7月6日(日)中京5R芝1600mで、自分的にキャロットのフラムドグロワールことレントラー
がデビュー予定だそうです。キャロットのハーツクライ産駒だけに、新馬勝ちする様なら楽しみですね。

rentoler6.jpg

chinzandopog20140630.jpg

0 Comments

Leave a comment