古本屋ツアー・イン・ジャパンで長谷川枕山堂が紹介されました!

先週、土曜は、昨年職業訓練学校で、CADを教わっていたH先生
が、群馬県高崎から、段ボール箱4箱もの古本を、もってきてくだ
さり、往復の高速道路代と、弁当代だけでいいというので、4千円
で、古本を頂きました。ヤケてはいますが、岩波文庫、岩波新書、
ブルーバックスなどの貴重な本を大量に頂きました。H先生、本当
にありがとうございました。

ちょっと話をしましたが、職業訓練学校も就職率があまり、よろし
くないそうです。それは、今の社会のニーズに職業訓練があってい
ないのでは?と思いました。先日のNHKで日本の職業訓練の問題
点を指摘していまいたが、デンマークなどの職業訓練が成功してい
る国では、社会情勢を見て、必要とされている仕事が何かをマーケ
ティングして、社会の需要に合わせて必要な職業訓練を行っている
様です。円高で輸出業が厳しい今、製造業のCADの訓練では、雇
用の需要が少ないのと、CADで働いていたかの職歴を面接で尋ね
られ、実績がないと雇ってもらえないそうです。日本の職業訓練も
もしドラの様に市場のマーケティングが必要なのでは?

さて、その夜は、教会の土曜礼拝に行き、礼拝メッセージを聴いて、
帰ろうとしたとき、めずらしく、安食牧師に声をかけられました。

「あの三谷幸喜的店主って、友君の事?(笑)」

つ、ついに、牧師にもバレてしまったか…。
実は、既に気づいていたのですが、ある日、久しぶりに、Googleで
長谷川枕山堂で検索してみたところ、自分の日記以外に、長谷川枕
山堂のことを詳細に書いているブログ記事を発見したのです。

古本屋ツアー・イン・ジャパン
(日本全国の古本屋をダッシュで訪ねて)

という、非常にマニアックなブログなのですが、その3月2日の日
記に、長谷川枕山堂が紹介されていました。一応、不都合な事は、
書かれていませんでしたので、全文を紹介させていただきます。
------------------------------------------------------------
去年の年末以来の、真っ平で頭上の雲が雄大過ぎる街・栃木へ。
北口に出て市松模様のロータリーを進み、まずは山本有三碑に挨拶。
そのロータリーからナナメに飛び出し、北へ真っ直ぐ延びて行く
『蔵の街大通り』を強い風に吹かれ進む。すぐの『河合町交差点』
を越えると、左手に巨大な看板を低い位置に掲げた、古い木造商店
が出現。

ここは老舗のハンコ屋らしいのだが、嬉しいことに最近古本の販売
も始めたのである!ハンコ屋+古本屋…むぅ、渋過ぎる。
そして店名と共に、外観が本当に素敵だ。軒には二階を覆うほどの
巨大ブリキ看板、その下に電光掲示板と店名看板、店頭には

『古本屋も始めました!』

と書かれた立看板が置かれている。サッシを開けて中に入ると、
入口付近は確かにハンコ屋さん、そして左側にこげ茶の本棚で造ら
れた古本屋通路。内部は外観と違い現代的である。入口前方には応
接セットがあり、歴史人物談義に花を咲かせまくっている二人の壮
年男女の姿…。

入口左横に帳場があり、三谷幸喜的店主がサッと立ち上がり、私を
見てしばし逡巡…「あ、古本ですか?」「ハイ、そうです」
「あっ、どうぞどうぞ」と恐縮している。そうか、ハンコを作りに
来た可能性もあるわけか。

左壁にはズラッと本棚が並び、右にはフロアを分ける様に背中合わ
せの棚が一本置かれ、通路奥の右壁棚へ続く。ちなみに通路は奥で
行き止まりとなっている。フロア棚はその両脇をハンコケースに挟
まれつつ、右に戦争・日本史・中国・韓国・韓流本を収め、左の通
路側に児童文学・コミック・歴史系新書、そして日本・韓国・中国
・アジア・チベット・アラブ・ロシア・南米・ヨーロッパなど世界
各地の文明・文化・歴史・探検本が並んで行く。通路奥の右側には、
栃木関連少々・歴史ムック・大判本。

その下の床には、何故か拡大コピーされた新聞記事が大量に置かれ
ている。左壁には、ビジネス・資格・コンピュータ・紀行・キリス
ト教・仏教・自己啓発・心理・文庫少々・日本文学・エッセイ・ス
ポーツ(上村愛子プッシュ中)・推理小説・森村誠一・松本清張な
どなど。新しい本が中心で、古くても70年代。

ジャンルが何だかバラバラではあるが、歴史・世界・キリスト教が
突出している。私は世界各国の棚が面白かった。値段は普通。本を
手に帳場へ向かうと、店主がサッと立ち上がり「よろしいんですか?」
と本を受け取る。そして値段を告げながらさらに「よろしいんですか?」
と念押し&恐縮。非常に初々しい接待の、三谷的店主さんなのである。
栃木駅前で新しく灯した古本の火を、これからもよろしくお願いします!
リブロポート「地球を測った男たち/フロランス・トリストラム」を購入。
-------------------------------------------------------------

3月2日は、このブログでも書いた様に、ネットからの注文が全く
無くなり、ほとんどハンコ屋をしていた時でしたので、古本のお客
様、それも、ネットでなくて実店舗に来てくれるお客様が非常に珍
しく、ハンコのお客様と間違えるほどだったのです。

そのメガネをかけた20~30代くらいのお兄さんは、店舗内を一
巡した後、狙いすましたかの様に、2月中旬に、親父が「いい本だ
から、登録しておいて」と言われて世界史の棚に入れておいた、
「地球を測った男たち」を購入していかれました。古本でも1200
円とちょっと高額だった為、「え、よろしいんですか?」と念を押し
たのですが、それが、”非常に初々しい接待の、三谷的店主さん”
という感じに映った様です。

人から、よく三谷幸喜に似てるよねって言われる事はありましたが、
自分は、三谷幸喜さんの様に古畑任三郎の様な面白いTVや、笑の
大学の様な映画の脚本を書く能力はありませんし、声優と舞台を中
心に活動されていた戸田恵子さんを説得して、TV、映画の世界に
連れてくるという人材活用力もありません。でも、その人材活用力
と、エンターテイメントな所は尊敬していますので、そう言ってい
ただけるのは光栄です。(小林聡美さんとは離婚しちゃったんですね)

ただ、
雰囲気とともに似ているところは、戸田恵子さんのファンって所
くらいです。(だって、ガンダムのマチルダさんですよ!)

でも、特にメモも取らず、店内の様子をこんなに詳細にレポートで
きるこの人って何者?という感じだったのですが、読み書き堂さん
の日記によると、小山力也さんという古本業界では、有名な方らし
いのですが、その自己紹介文がこちら。仕事の内容は謎です。
-------------------------------------------------------------
特殊な仕事にかこつけて、全国の古本屋を巡ろうとする野望のブログ。
しかし、時に時間がタイトになり過ぎ、移動がすべてダッシュ。
滞在時間10分くらいになることも。古本屋は汗をかかずに、じっくり
見るのに限ります。最近は自力で地方に足を延ばし始め、自分の中
では新展開の喜び!しかし果てしの無いツアーに多少の恐怖も感じる
今日この頃…。
-------------------------------------------------------------

見た目は、普通のお兄さんという感じですが、只者ではない雰囲気
をもった方でした。まさか、こんな、マニアックなブログを運営さ
れている方とは知らず、でも、丁寧な対応してて良かったと胸をな
でおろす今日この頃。古本屋も日頃からの誠実な対応が必要だと思
いました。古本屋にとっては、正に抜き打ちテストの様な小山さん。
でも好意的に、応援していただいている様で、これからも応援、よ
ろしくお願いします。

これには、後日談があり、このブログ記事を見て感動した親父が、
印刷したブログ記事を早速、拡大コピーし、お店の横にデカデカと
貼り付けていました。そして、小山さんは5月15日(日)に、読
み書き堂さんを訪ねて、再度、栃木を訪れているのですが、休業中
の長谷川枕山堂にも寄っていただいたらしく、その際、自分のブロ
グ記事が貼られているのを発見し、その日のブログでこう書かれて
いました。

------------------------------------------------------------
駅前の「長谷川枕山堂」(2011/03/02参照)は定休日か…んんっ?
視界に何か激しく引っ掛かるものが……げぇっ!お店の脇に一枚の
貼紙があるのだが、それが見慣れた形式の、当ブログの枕山堂の記事!
うわぁ、これは相当に恥ずかしい…は、剥がしたい。
誰も読んでないことを祈りつつ、頬を薔薇色に染めた心積もりで、
そそくさと栃木駅へ遁走する
------------------------------------------------------------

とりあえず、母と相談し、親父に内緒で、貼り付け記事は剥がしま
した。あと、長谷川枕山堂は、全員クリスチャンなので、日曜日は
お休みさせて頂いております。懲りずに、今度来るときは、平日に
いらしてくださいね。また、三谷幸喜的店主がお迎えします。

2 Comments

古ツア  

No title

初めまして、と言うか一度お会いしていますね。古本屋ツアー・イン・ジャパンです。先日はお邪魔いたしました。そしてこのたびは色々ご迷惑をおかけいたしました。よもや本当に剥がしていただけるとは。それに私が書いたブログにより、牧師さまにそんな声の掛けられかたをしてしまうとは…予想外の波紋がご店主の周囲に!栃木にはまた伺いますので、その時はぜひお店に寄らせていただきます。あ、日曜がお休みの理由、クリスチャンだからと言うのも新鮮な驚きでした。お父様にもよろしくお伝えください。それではまた。

2011/05/24 (Tue) 21:07 | REPLY |   

長谷川 友紀  

コメントありがとうございます!

>古本屋ツアー・イン・ジャパン様
全国古本屋めぐりでお忙しい所、コメントいただきありがとうございます。
こちらこそ、ブログで紹介していただき感謝です。
自分も、予想外の波紋をネタにして、ブログを書いていますので、あまり、お気に
なさらないでください。
それにしても、鋭い古本屋レポート力、店内を数十分で、記憶してしまう頭脳に
家族全員、感激いたしました。
どんな仕事をされているのか、気になる所ですが、いろんな事情があると
思いますので、再来店の際にでもこっそり教えていただければと思います。
では、今後とも、長谷川枕山堂と栃木の古本屋達をよろしくお願いします!

2011/05/24 (Tue) 21:40 | REPLY |   

Leave a comment